年賀状の一言文例は?上司 同僚 先輩 親戚 義理の父母へ出す場合

公開日: 

Pocket

今年も年賀状の季節が来ましたね。
印刷で済ませているんだけど手書きの一言は書かないといけないですよね。
親しい友人であれば砕けた言葉で書けるんだけど会社の上司や先輩そして取引先などは友人と同じようなことは書けないし、気の利いたことを書きたいのだけど。
そんなあなたに年賀状に書く文例を上司や先輩そして取引先など相手別に紹介しますので参考にしてください。


年賀状に添える一言文例


上司への一言添え書き文例

・これからも変わらぬご指導、ご叱正をお願いいたします
・今後ともご高配を賜りますよう、せつにお願い申し上げます
・今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
・今年もより一層仕事に精進したいと思いますのでご指導下さいますよう宜しくお願いいたします。
・旧年中のご縁に感謝いたします
 本年もご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます
・まだまだ未熟ではございますが、どうぞこれからもご指導くださいますよう、お願い申し上げます
・旧年中はお世話になり有り難うございました。これからもご指導くださいますようお願い申し上げます
・今年は入社○年目、これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります。
 旧年中はいろいろお世話になり有り難うございました。
 本年もよろしくお願い申し上げます。

先輩への一言添え書き文例

新年おめでとうございます
○○先輩から、いつもたくさんいい影響をいただいています
心からの感謝を込めて 本年もよろしくお願いいたします

書かないほうが良い一言

今年こそ彼女(彼氏)を見つけたいと思います
昨年は体調を崩して散々な一年でした
今年こそは赤ちゃんを!楽しみにしてます
なお、これらは相手との距離感にもよりますので絶対に書いたらダメというものではないです。

取引先への一言添え書き文例

・本年もお力添えのほどよろしくお願いいたします
・今年は○○に新しく店をオープンする予定です ぜひお越しください
 心よりお待ちしております

同僚や友人への一言添え書き文例


・旧年中は大変お世話になりました
 ○○年が、お互いにとってますますよい1年になりますように!
・ご無沙汰しています。その後、変わりなくお過ごしですか
 今年こそ再会できますように! お互いの幸せを願って
imaひつじ2

親戚への年賀状に添える一言


親戚への一言

・旧年中は大変お世話になりました。
 新たに加わった家族と共に
 近いうちにお伺いできれば、と思っております。
 お体にはくれぐれもお気をつけください。
・ご無沙汰しておりますが、皆様お変わりありませんか。私は今、○○で頑張っています

親戚でも年に1回会うか会わないかの人も多いのではないでしょうか。
そのような場合には一般的な定型挨拶文に加えて近況報告を書けば良いです。


義理のお父様、お母様への一言


謹んで新年のお祝いを申し上げます
お父さん、お母さん、ご無沙汰しております
○月に○○(お子さん)を連れて帰省します。そのときを心待ちにしています

あけましておめでとうございます。
お正月にみんなに会えるのを楽しみにしています。
お母さんの手料理の○○、今度こそマスターします。


さいごに


年賀状を出す場合は元旦に届くように出しましょう。
1月3日や4日などに年賀状が届いた場合は出すのが遅れた、つまり重要視されていないと思われる方もいらっしゃるようです。

会社の取引先など年末年始の休暇ある会社は実際に年賀状を見るのは休み明けなので元旦にこだわることはないでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑