SIMフリーやSIMロック解除って何なの?格安スマホとは?

公開日: 

Pocket

最近よく聞くSIMフリーやSIMロック解除そして格安スマホという言葉もよく聞きます。スマートフォンを安く使えるというのはなんとなくわかるんだけど今使っているのは安くできるの?と思っている方もいると思います。今回はSIMフリーやSIMロックのことをわかりやすく解説します。

SIMフリーとSIMロック解除とは


携帯電話やスマートフォンの端末にはSIMカードというICチップが入っています。SIMカードの大きさは1センチ四方ぐらいです。SIMカードは契約時に差し込んだら後は見ることもないのでご存じない方がいるのも無理はないでしょう。

このSIMカードにはドコモやソフトバンク、auなどの通信事業者(キャリア)や電話番号などの固有の識別情報が記録されています。このSIMカードというのを差し込まないと使えないようになっています。
SIMカード200p
キャリアを変えずにする機種変更は端末だけを新しいものに替えてSIMカードはそのまま差し替えるだけなのです。ですから前と同じ電話番号が使えるのです。
しかし、このSIMカードは例えばドコモの端末であればドコモのSIMカード、ソフトバンクであればソフトバンクのSIMカードしか使えないようになっています。
そうなんです、他社のSIMカードは使えないようになっているのです。
これをSIMロックといいます。

キャリアで新しく契約するときや機種変更のときでも端末そのものは実質0円です。しかし、キャリアは端末代金を負担していることになるのでこの代金を回収するまでは自社で使ってもらわないと困る訳なんです。ですから2年縛りのように長期間自社で使ってもらうようなルールがあるのです。


SIMロック解除とは


SIMカードは契約したキャリアの端末でしか使えないということを先ほど説明しましたが、
SIMロックがかかった端末を他社のSIMカードでも使えるようにすることをSIMロック解除といいます。

ドコモは2011年4月以降に発売された機種にはSIMロック解除機能を搭載しています。
このSIMロック解除機能が付いている機種はドコモショップで有償でSIMロックを解除できるようになりました。

解除した端末はSIMフリーになります。SIMカードを差し込めば他社のSIMフリー端末でも使えるということです。

ドコモやソフトバンク、au(KDDI)などの通信事業者(キャリア)を管轄しているのは総務省です。そして、2015年に総務省は各キャリアのSIMロック解除の義務化を決めました。

そして最近出てきたのがMVNO(仮想移動体通信事業者)です。


格安SIMとか格安スマホとは


キャリアの端末のSIMロックを解除してSIMフリーにする方法と最初からSIMフリーの状態の端末があります。

格安SIMや格安スマホを扱っているのがMVNO(仮想移動体通信事業者)です。最近CMをしているMVNOも多いです。
楽天モバイルやBIGLOBE、DMMモバイル、イオンのスマホなどが契約者獲得のために盛んにCMを行っています。

これらのMVNO業者はキャリアから電波を借りて運営しています。
また格安スマホといっても端末だけを指すのではなく通信サービスや料金プランも含めていうことが多いです。端末もSIMカードもセットで売るということです。


さいごに


MVNO業者はキャリアから回線(電波)を借りて運営しています。
利用者は自由に使えるのではなくデータ通信量制度があります。
つまり、あまり多くの容量を使えないので通信速度が遅くなる場合もあります。
その他、通話はできなくてデータ通信(インターネットだけ利用する)だけのプランもあります。
キャリアよりも1ヶ月の通信料金は安いけれども通信速度は遅くなりますよ。というものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑