ハロウィン2015ディズニー仮装の確認事項とルールを守ろう

公開日: 

Pocket

ハロウィンイベントはすっかり日本でも定着しました。
今年も東京ディズニーランド・ディズニーシーへ行く予定の人も多いはず。
行く前の確認事項とルールをチェックしておきましょう。
年に1回のイベントなのでルールを守り楽しみましょう。


ディズニーキャラクターのフル仮装(全身仮装)ができる日


東京ディズニーランド

9月8日~9月14日
10月26日~11月1日

東京ディズニーシー

9月15日、16日、17日

例外:小学生以下の子供は上記以外の日にフル仮装しても良いです。

尚、フル仮装できる日はたくさんの人で入場制限が行われる可能性があります。




ディズニーでできる仮装とできない仮装


できる仮装

ディズニー映画やアトラクションに出てくるキャラクター。

できない仮装

他社のアニメの登場人物やキャラクター
マーベル社のキャラクター
実写映画の登場人物
東京ディズニーリゾートで働く人のコスチューム
※お面をかぶるなど顔を隠すのはダメです

その他注意すべき仮装

肌の露出が多い仮装
例:お腹の露出、肩ひもがない仮装
裾をひきずってしまうほど長いドレス
水着
全身タイツ(スピードスケートの選手が着ているユニホームのようなもの)
底にローラーのついた靴での入場はできません。

できないメイク

顔全体にペインティングをすることはダメ。
ひげを描く、付けることもダメです。
※ワンポイントのペインティングやカボチャのシールは認められています。
但し、傷のようなワンポイントのものはダメです。

持ち込みできない小道具

・他人を傷つけるおそれのあるもの
長い棒や杖
先がとがったもの
モデルガン
花火
長い鎖がついた小道具


着替える場所を守りましょう


フル仮装できる日はディズニーリゾートの外になりますが、プロムナードギフトの横の建物を着替えスペースとして用意してあります。
決められた場所で着替え、たくさんの人が使いますので着替えが済んだらすぐに外に出て次の人に譲りましょう。
尚、着替えスペース内にコインロッカーはありません。

非常にたくさんの人で混雑しますのでホテルで衣装に着替えて上にコートを着るなどの工夫をして来園されたほうが良いと思います。


ハロウィンの人気衣装


ミニーちゃん


とてもかわいくてスタイルもよく見えます。



アナと雪の女王




白雪姫




まとめ


入場の際に仮装内容の確認があります。上記にかいてありますダメな仮装やメイク、小道具を持っている方は入場できない可能性があります。
みんなが楽しめるようにルールを守り他人が不快感を与えるような仮装や恐怖感を与えるような仮装は避けて年に1回のハロウィン仮装を楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑