洗濯物やタオルの臭いの取り方~洗ったばかりなのに臭い

公開日: 

Pocket

バスタオルやフェイスタオルが洗濯したばかりなのに臭いと感じたことはありませんか。

洗濯直後は臭いは消えていてもバスタオルやフェイスタオルは濡れた体や顔を拭きます。

そして、濡れると臭いがする。これは雑菌がタオルの中に残っているからなんですね。

この臭いを取るには臭いの原因となっている雑菌を取り除く必要があります。


洗濯物の臭いは酸素系漂白剤で消す


酸素系漂白剤は殺菌効果があります。
バケツやタライなどの大きめの入れ物に50度程度のお湯を入れ酸素系漂白剤を入れます。

これに臭いがするタオルなどを30分程度浸します。それから洗濯すると臭いは消えます。

気をつけること
塩素系漂白剤とは絶対に混ぜないこと(酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を混ぜると有害なガスが発生しますので危険です。 
 塩素系漂白剤には大きな文字で「まぜるな危険」と書かれています。

・酸素系漂白剤を使う場合はボタンなどがある衣類には使用しない。

・酸素系漂白剤には液体タイプのものと粉末タイプのものがあります。
 粉末タイプのものは絹や毛の素材のものには使わない。
 タオルなどは綿製なので使っても大丈夫です。

洗濯物だけでなく洗濯槽も酸素系漂白剤で汚れやカビをとる。
やり方は洗濯槽に酸素系漂白剤を入れて40度以上のお湯をいれてスイッチを入れかき混ぜます。その後長時間そのままにしておきます。

これで洗濯槽についていた汚れやカビが取れます。


※酸素系漂白剤を使うポイントは40度以上のお湯に混ぜることです。水だとほとんど効果がありません。


洗濯物の臭いはオスバンで消える


オスバンは殺菌消毒剤(逆性石鹸液)でドラッグストアで販売されています。
価格は600円~700円程度です。

オスバンは漂白剤ではありませんので汚れを落とす効果はありませんが、殺菌効果があります。洗濯物の臭いの原因は雑菌がほとんどなので殺菌のために使います。

使い方は洗濯槽か大きめのバケツ又はタライに水を入れキャップ1~2杯程度のオスバンを入れて一晩つけておきます。

※オスバンを使うときの注意は普通の石鹸と同時に使わないようにすることです。
殺菌効果がなくなります。



洗濯物の臭いを酢で落とす


酢に含まれる酢酸には臭いを消す効果があります。

酢は洗濯中のすすぎのときに大さじ3杯程度入れます。

これで消臭効果が期待できます。


タオルやバスタオルは顔や体を拭きますので人間の皮脂がつきやすいのですが他の衣類も全部臭いが気になるという場合は洗濯槽にこびり付いているカビや雑菌が原因といいうことも考えられます。

この場合は洗濯槽クリーナーが市販されていますので洗濯槽をきれいにしてみましょう。



まとめ


タオルやバスタオルの臭いの原因はほとんどの場合人間の皮脂や雑菌が落ちてないことによるもの。
皮脂や雑菌を落とすには酸素系漂白剤で浸け置き洗いをする。
オスバン(逆性石鹸)で消毒する。
すすぎのときに酢を入れる。
それでもダメなら洗濯槽のカビが原因かもしれないので洗濯槽クリーナーできれいにする。
これで洗濯物に臭いは取れます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑