エアコンの電気代を節約する方法とは?風量と設定温度と室外機

公開日: 

Pocket

夏はエアコンなしではすごせないですね。でもエアコンは電気代がかかります。

エアコンをつけて部屋が冷えたら切る、という使い方はつけっぱなしよりも電気代がかかることもあるのですよ。

では、エアコンの電気代を節約するには風量や設定温度はどうしたら良いのでしょうか。
忘れがちな室外機も電気代の節約には良い方法がありますよ。


エアコンの電気代を節約するには風量は自動運転で


夏に外から帰宅すると部屋の中は閉めきっていた場合、もわーっとした空気で温度も30度以上になっていることはよくあることですね。

こんな場合はそのままエアコンのスイッチを入れるのではなくまず、窓を開けて空気の入れ替えをしてからスイッチを入れます。

そして、風量は「自動運転」か「強」で自動運転の場合は部屋の温度が高い場合は強い風がでます。

電気代節約のために風量を「弱」にしていると部屋の温度が下がるまでに時間がかかって余計に電気代がかかることになります。

「自動運転」は部屋の温度を設定温度にするために最も効率的に運転してくれます。



エアコンは節約のために設定温度は高めで風量は強くすると体感温度は下がる



エアコンの設定温度を1度高めに設定するだけで電気代は約10%も節約できると言われています。

また、屋外との温度差があまりにもあると体調を崩す原因にもなります。
よく設定温度は28度にしましょう。ということは聞かれたことはあると思います。

はい、それでいいのですが、28度では暑いと感じる方は設定温度はそのままで風量を強くします。また扇風機を併用して部屋の空気が万遍なく冷えるようにします。

設定温度が28度のままでも風量が強いだけで体感温度は低く感じます。

そして、風の向きは上向きかまっすぐにします。温かい空気は上に、冷えた空気は下にいく性質がありますので風向きを下にしておくと上には温かい空気が残ったままになりますので部屋全体が冷えません。

そのため風向きは上またはまっすぐにします。エアコンは通常上のほうに設置してありますので風向きはまっすぐでも大丈夫です。



エアコンの電気代の節約のためには室外機も忘れずに


エアコンのことになれば室内にばかり目が行きがちですが、電気代の節約のためには室外機のことも忘れてはいけません。

室外機が直射日光に当たる場所に置かれている場合には熱交換の効率が落ちて余計な電気代がかかってしまいます。

もし、直射日光に当たる場所に置かれている場合は上に板を置いたり、よしずやグリーンカーテンで日陰になるようにしましょう。

ただ日陰になれば良いということであまり、室外機の近くに置くと空気の対流が悪くなってしまいます。

室外機は背面から外気を取り入れ前面から温度の高い空気を吐き出していますので十分な空間が必要です。背面から外気を取り入れていますので壁から10センチ以上は離しましょう。

また、背面の吸込口はホコリやチリを吸い込み溜まっていることが多いので定期的にお手入れをしましょう。



まとめ


帰宅後はまず、窓を開けて空気の入れ替えをしてからエアコンのスイッチを入れる。

風量は自動運転か強で一気に部屋を冷やしたほうが電気代はかからない。

部屋の温度が下がったからといってスイッチを切り、暑くなってスイッチを入れる。この繰り返しは電気代がかかります。

風量を強くすると同じ設定温度でも体感温度は低く感じます。

室外機は直射日光に当たらないようにして、空気の出入りの空間を保つようにする。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑