台風対策で窓ガラスが割れないようにするには?

公開日: 

Pocket

毎年夏から秋にかけて日本では沖縄や九州地方、四国地方では台風の被害が多く出ます。
最近の天気予報では台風に「超大型」や「大型で非常に強い」「観測史上最多」などの言葉もよく聞かれます。

台風で雨風が強い場合に窓ガラスが割れるのを防ぐにはどのようにしたら良いのでしょうか。


台風対策で窓ガラスが割れるのを防ぐ



日本で台風が直撃する地域では風速が30メートルや40メートルになることもあります。
風速が30メートルを超えると木が倒れたり電柱が倒れることもあります。

窓ガラスは風だけで割れることはほとんどなく、割れる場合は何か物が飛んできてそれが窓ガラスに当たって割れることが多いのです。

一般的に風速が20メートルを超えると飛散物が増え風で飛ばされた物が窓ガラスに当たって割れることが多くなると言われています。

ですので、バルコニーなどの場合は植木鉢や洗濯の道具などは家屋に入れて窓ガラスに当たらないようにしましょう。

しかし、ご近所から飛んでくるものや小石などは完全に飛んで来るのを防ぐことは難しいので、万が一にも飛散物が窓ガラスに当たって割れるのを防ぐために窓ガラスに補強をしておいたほうが良いでしょう。



台風対策で窓ガラスに布テープやガムテープを貼る


布テープ(糸が編みこんであるもの)やガムテープを窓ガラスに貼るだけでも補強になります。

できれば布テープのほうが剥がすときにきれいに剥がせますので布テープのほうが良いです。

布テープを補強で貼るのが一番お金がかからない方法ですね。
布テープを貼っていた場合は万が一窓ガラスが割れたとしてもガラスが広範囲に飛散するのを防ぐことができます。

そして、貼る場合は×の字に貼ったほうが補強度が増します。

さらに補強する場合にはダンボールを窓ガラスに貼ると補強度が増します。
ダンボールはスーパーなどで「梱包用にご自由にお持ち帰りください。」と置いてあるものが無料でもらえますので、普段から折りたたんで置いておくと場所もとらないので防災グッズのひとつとして用意しておいたほうが良いでしょう。


布テープがなくてガムテープ(紙製のもの)を貼って剥がすときにきれいに剥がせなかった場合はシンナーか除光液で落とすことができます。

シンナーを使った場合は後できれいに拭き取りましょう。



台風対策で窓ガラスが割れるのも防ぐ防犯フィルム



窓ガラスを割って侵入してくる空き巣対策用に防犯フィルムがあり、これを窓ガラスに貼ると簡単に割れないように補強できます。

これは金槌などの道具を使って叩いてもヒビが入っても割れることがないほど補強できるもので専門の施工業者さんに依頼すると1平方メートルあたり1万円から2万円くらいかかります。


割れた時の飛散防止用のフィルムも販売されていますが、こちらは数千円の価格で販売されています。



まとめ


台風で風が強くても風そのもので窓ガラスが割れることはありませんが、風で物が飛ばされてそれが窓に当たって割れることがあります。

まず、風で飛ばされそうな物を窓ガラスの近くに置かないようにする。

そして、窓ガラスの補強としては布テープを貼ったり、防犯フィルムを貼ったり、万が一割れた場合でもガラスが広範囲に散乱するのを防ぐガラス飛散防止フィルムを貼るのがおすすめです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑