お札が破れたり燃えたりしたときは銀行で交換してもらえるの?

公開日: 

Pocket

お札を折り曲げて財布に入れる人がいますよね。
古いお札の場合その折り目から2つに破れてしまうこともあります。
また、どこかに引っ掛けて破れてしまったり、封筒にお札が入っていることに気が付かずに誤って破ってしまうこともあります。
時には、わざとではなくても燃えてしまうこともあります。
そんなとき、新しいお札と交換してもらえるのでしょうか。



破れても3分の2以上残っていたら全額交換してもらえる


もしお札が破れてしまったりちぎれてしまっても破片が全部揃っていれば全額新しいお札と交換することはできます。

しかし片方の破片を無くした場合はどうなるのでしょうか。

この場合残っているほうのお札の面積が3分の2以上あれば一万円札の場合は一万円札として五千円札の場合は五千円札として銀行で交換してもらえます。


残っているお札の面積が5分の2以上3分の2未満の場合は半額として交換してもらえます。つまり1万円札の場合は五千円札と交換してもらえるということです。

残っている面積が5分の2未満の場合はお札としての価値はなく失効します。

これは意図的にお札を切った場合に元の額面よりも得する事は無いということです。

例えば1万円札を5分の2、5分の2、5分の1と切っても5分の2の部分は五千円札と交換してもらえますが、5分の1の部分は失効してお札の価値はなくなるということです。


※お札の表裏の両面があることが条件となります。なぜならお札は表裏を剥がすことが可能だからです。


お札が燃えて灰になった場合は交換してもらえる?


もし、お札が燃えて灰になったとしても形が崩れずに元の形が見える場合は全額交換してもらえます。

しかし灰になった場合は崩れない様に銀行に持っていかなければなりません。
箱などの適当な入れ物に入れて持ち込みましょう。

お札は燃えて灰になってしまってもある程度までは紙の質やインクの質から本物か偽物であるか特定できます。

灰がバラバラになってしまうとお札かどうか特定することが困難になりますのでなるべく原型を崩さ崩さないようにしましょう。


お札をシュレッダーで裁断してしまった場合は?


もし誤ってお札をシュレッダーなどで細かく裁断してしまった場合は出来る限り貼り合わせるようにしましょう。

例えば一万円札と五千円札をシュレッダーで裁断してしまった場合にはお札の番号や模様色合いに注意して異なったお札をはり合わせないようにしましょう。

細かく裁断されたままの状態のものについては同一のお札の紙片と認められない場合は失効します。つまりお金の価値がなくなるということです。


銀行に持ち込んで交換してもらう場合、破れたお札の両方が揃っている場合はすぐに交換してもらえますが、片方がない場合などは持ち込んだ銀行ですぐに交換してもらえるわけではなく日本銀行に依頼して鑑定してもらう必要があります。
そのため交換されるまでは2~3週間かかる場合もあります

尚、ゆうちょ銀行は両替業務は仕事の範囲外なので門前払いをされる場合があります。



まとめ


封筒にお札は入っていることに気が付かずに破ってしまったり、スラックスのポケットにお札をそのまま入れていて洗濯してしまったり、書類と一緒にシュレッダーで裁断してしまうことなどは実際にあり得ることです。

私はお札を折り曲げて財布に入れるのはあまり好きではありませんので1万円札を出して破れそうなお札でお釣りをもらったときはあまり良い気分ではありませんね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑