関節痛の痛み コンドロイチンとグルコサミンの関係

公開日:  最終更新日:2014/03/08

Pocket

サプリメントに使うコンドロイチンとは、軟骨や結合組織に存在するムコ多糖類の一種です。

サプリメントでコンドロイチンを補給しているという人はたくさんいるといいます。
コンドロイチンはたんぱく質と体の中で合体して、いろいろな体の場所に存在しています。

靭帯や筋肉の腱などの弾力性を保つために必要な成分であり、関節のクッションとしての役割も果たしています。また、関節の動きをなめらかにして、骨に衝撃や圧力がかかった場合などは骨をガードする働きもあります。

若い頃は体内で盛んに生成されますが、年を取ると徐々に生成量は減少し、やがては不足気味になります。

コンドロイチンを食べるものから摂るとすれば、やまいも、納豆、オクラなど粘り気のあるものがおすすめです。

コンドロイチンがサプリメントで好まれるのは、関節痛や老化防止に効果が高いと言われているためです。

関節のきしみや関節痛が起こりやすくなりのは、コンドロイチンが不足して軟骨が減り、骨同士がぶつかりあうことが頻繁になることが原因です。

年を取ると体のふしぶしが痛むのは、コンドロイチンが不足してきているためです。食事で補ってもいいですが、サプリメントは手軽ですし確実です。

最近では様々なコンドロイチンのサプリメントが販売されており、関節痛や美容に様々な人が利用しています。

コンドロイチンのサプリメントの効果を高めるには、グルコサミンと一緒に摂取することが必要です。グルコサミンは関節などに存在するアミノ酸の一種です。

コンドロイチンが生成されるのは、このグルコサミンからです。

グルコサミンは関節の軟骨の炎症を修復したり、関節の痛みを緩和する作用があります。

このグルコサミンのサプリメントと、コンドロイチンのサプリメントを併用することで、互いの能力を助け合い効果を高めることが可能です。

どちらも同じような効果があるからと片方だけを摂取するより、両方を同時に摂取する方が好ましいのです。

コンドロイチンが軟骨の修繕を行い、グルコサミンが関節の軟骨部分を作る働きをします。

グルコサミンがコンドロイチンを生成するなら、グルコサミンのサプリメントだけを摂取すればいいのではないかと思う人もいるかもしれません。

あまり十分なコンドロイチンの量が得られないのが、グルコサミンだけを摂取した場合です。

軟骨をつくったとしても弱い軟骨になってしまうといいます。丈夫な軟骨をつくり、関節痛を速やかに解消するためには、どちらの成分も必要です。

コンドロイチンのサプリメントを利用する時には、グルコサミンのサプリメントを使うことも検討してみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

サプリメントとしてのコンドロイチンは、サメ軟骨が使われているものが多いです。
ウシの軟骨から製造するコンドロイチンもありますが、狂牛病などの影響から避けている人もいるようです。

ほとんどサメの骨は、軟骨だといいます。軟骨が体の70%を占めるサメは、軟骨で骨格がつくられている軟骨魚類なのです。

サメ軟骨にはコラーゲンやカルシウムが多く含まれているだけでなく、コンドロイチンが豊富でサプリメントの材料に用いられています。特にアゴとヒレの部分にコンドロイチンが多いといいます。

サメ軟骨は過熱をすると効果が下がってしまうことから、乾燥させて粉末状にしたものがよく使われています。今では技術の進歩により、製法にはさまざまなものがあります。

サメ軟骨をサプリメントで摂取する場合のネックは、独特の臭みです。臭みによる不快感が強く、人によっては吐き気をもよおす場合もあります。

液体タイプのコンドロイチンサプリメントも最近では、臭いの問題を改善できることで人気を集めています。

臭いが少なく飲みやすいだけでなく、ジュースなどに混ぜるなどの工夫もできるので人気の商品となっています。

サプリメントは、利用するならば長期間にわたり継続して使いたいものです。飲みやすいものやリーズナブルなコンドロイチンのサプリメントを探すことも大事です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑