顔のしわとたるみの予防には紫外線対策が必要

公開日: 

Pocket

しわやたるみは女性の敵です。

女性は何歳になっても若々しく見られたいものです。

特にほうれい線が目立つと一気に老けて見られてしまいます。

紫外線はシミの原因になることは多くの方に知られていますが、紫外線はしわやたるみの原因にもなるのです。



しわやたるみは紫外線が弾性繊維を破壊してできる


紫外線はシミの原因ということはよく知られていますが、実はしわやたるみの原因でもあるのです。

皮膚には弾性繊維(エラスチン)といって皮膚にハリを与える大切な繊維があります。

地球に届く紫外線には2種類があり、それがUV-BとUV-Aです。

UV-Bは人間の体の皮膚の浅いところまでしか入ってきません。
しかし、このUV-Bを浴びすぎると炎症を起こしたり皮膚がんの原因にもなります。

UV-Aは人間の体の皮膚の奥のほうまで入ってきます。
このUV-AはUV-Bに比べて皮膚への影響は小さいですが、侮ってはいけません。
UV-Aを長く浴びると弾性繊維が破壊されシワやたるみができやすくなります。


紫外線のUV-Aで気をつけないといけないのは夏だけでなく日差しが強くない秋や冬にもたくさん地球上に届いているということです。

つまり年間を通して紫外線対策をしないとシワができやすいということなんです。



しわやたるみを予防する日焼け止めの選び方


日焼け止めにはSPFとPAというアルファベットが書かれています。

SPFはUV-Bを防ぐ能力を示しています。
PAはUV-Aを防ぐ能力を示しています。

PA+++など+++の表記がありますが+の数が多いほどUV-Aを防ぐ能力が高いということです。

海水浴やスキーなど直射日光を長時間浴びる場合は+++ぐらいのものが必要ですが
日常生活であれば+が少ないものでも十分防ぐことはできます。

塗り方はやさしくまんべんなく塗るようにしましょう。
ゴシゴシこすったり、ムラのある塗り方はシミの原因にもなりますので注意が必要です。



しわが少ないのは日照時間が短い地方で屋内で働く人


統計によると日本で一番日照時間が短いのは秋田県です。

そしてずっと屋内で働いてきた人も紫外線を浴びる時間は短いです。

日本三大美人は昔から、秋田美人・京美人・博多美人と言われていますが日照時間が短い秋田県が入っているのは年齡のわりにしわが少ない人が多いということでしょうか。


だからといって秋田県に引越しするのも簡単はできないし、屋外に出る仕事をしている人が「紫外線を浴びたくないから屋内の仕事に配置転換してください。」などと会社に言うことは難しいでしょう。


ですから、屋外に出るときは帽子と日傘に日焼け止めクリームを塗って外出したほうが将来しわやたるみで悩むことは少なくなるでしょう。


日焼け止め・UVケアランキング




スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑