40代の男性がかかりやすい病気は何?最悪の場合は突然死も!

公開日: 

Pocket

40代の男性は約20年間働いてきていますので仕事中心の生活になっている方が多いです。長い労働時間、仕事の後の付き合い、土日も接待の場合もあります。

その結果、悪い生活習慣が身に付き病気のリスクも高まってもおかしくありません。
最悪の場合急性心筋梗塞で突然死ということもありますので注意しなければならないことを紹介します。


40代の男性はは心疾患の病気のリスクが高い


40代の男性といえば働き盛りで多忙を極めている人も多いと思います。

このように仕事を真面目にこなし頑張っている人は何でも頑張る傾向がありますので、運動不足を感じた結果、ジョギングを始める方もいます。

ジョギング程度ならいいのですが、走ることにハマリ昨今のマラソンブームに乗っかりフルマラソンを始める方もいます。


趣味程度ならいいのですが、フルマラソンの記録を伸ばすために一生懸命になりすぎて練習中に心筋梗塞で亡くなった人もいます。


20代の若い内ならまだいいのですが、40代になると自分ではまだ若いと思っていてもそれなりに衰えていますので頑張りすぎが突然死を招くこともありますので要注意です。


どのような生活習慣の人が心疾患に気をつけるべきかは、働きすぎの人や急に体重が増えた人、ストレスがたまりやすい性格の人、健康診断などで心電図を何年間もとっていない方などは注意したほうが良いと言えます。

また、不規則な生活をしている人も何かのきっかけで不整脈が起こることもありますので注意したほうが良いです。



40代の肥満型の男性は睡眠時無呼吸症候群の可能性がある



睡眠時無呼吸症候群は過去にJRの運転士がなり、ニュースで何回も流れましたので病名は有名になりました。


睡眠時無呼吸症候群は定義があり、「7時間以上の睡眠中に10秒以上続く無呼吸が30回以上」又は「睡眠1時間に10秒以上続く無呼吸が平均5回以上」起こることです。

共通しているのは大きなイビキです。イビキは仰向けに寝ると舌が喉のほうに下がり気道を塞いでしまう結果かきやすくなります。


家族からイビキがうるさくで寝られないなどと言われる方は一度専門医に診てもらったほうがよいでしょう。


睡眠時無呼吸症候群は夜に自分のイビキで目が覚め寝不足になるので、昼間に車の運転中に居眠り運転で事故を起こし亡くなることもあります。たかがイビキと思って放っておくと危険ですので要注意です。


このような方は睡眠状態からある程度予兆がわかります。例えば自分のイビキで目が覚めたり、昼間に眠くてしょうがないときがある、目覚めが悪い、口呼吸で寝ている、などが見られます。



40代の男性で炭水化物の食事が大好きな人は糖尿病になりやすい


働き盛りでお腹がすくという理由で昼食にラーメンライスやカツ丼とそばセトットなど炭水化物の摂り過ぎは糖尿病を引き起こす可能性が大きいです。


血糖値のコントロールが悪くなると急性心筋梗塞を引き起こす可能性もあります。急性心筋梗塞は最悪の場合死にも至る怖い病気です。


その他では昼食に炭水化物を摂り過ぎると眠くなり仕事の効率も落ちますし、車の運転をする仕事の場合眠たくなり居眠り運転の危険もあります。


また、仕事が多忙で帰宅時間が遅いことから夕食を寝る前にたくさん食べることで満腹状態で寝ると、食べたものが活動のエネルギー源として使われないので脂肪として体に付き肥満の原因となります。


肥満になるとメタボリックシンドロームで様々な病気の原因にもなります。



まとめ


40代で重い病気になる人には一定の共通点があるようです。
働き過ぎ、真面目すぎでイエスマン、休日に運動をしない、出張が多い、肥満体質、食生活の偏りなどですね。

働き盛りでたくさん稼いだとしても重い病気になってしまったら元も子もないですね。
できることなら長期休暇をとってリフレッシュをしたり仕事以外に没頭できる趣味を持つなどしたいものですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑