固定費を節約して年間100万円を貯金できる裏ワザ

公開日: 

Pocket

平成26年には消費税が8%になりました。
厚生年金保険料も年々負担額が増えるばかりで支出が増える話ばかりです。

一方、収入のほうは一部の大手企業にお勤めの方では年々増える人もいるようですが、日本の大半は中小企業です。

中小企業の場合、今後収入アップは見込めそうにないという方も多くいらっしゃいます。

収入が増えないのであれば節約をしよう、ということで節約の裏ワザを紹介します。



固定費の節約でいちばん金額が大きいのは家賃


家賃は都心と郊外では大きく金額が異なります。当然都心のほうが高く郊外のほうが安いです。


都心のほうが通勤時間が短くて良いということで都心の会社までは1時間以内で通勤できるが家賃は仮に18万円だったとしましょう。


一方、東京近郊の横浜や千葉、埼玉県になると家賃は東京都心に比べてかなり安くなり、同じ間取りで10万円近く安くなります。


その代わりに通勤が長くなるのは誰でもわかることです。通勤時間が無駄と考えるのも当然のことかもしれません。


郊外に住むことで10万円家賃が安くなったけれども通勤時間が往復2時間多くかかったとした場合、この金額と時間をアルバイトとして換算してみましょう。

計算しやすいように1ヶ月20日の勤務で1日2時間通勤に使ったとします。
この場合、1ヶ月40時間を通勤時間に使ったことになります。


10万円を40時間で割ると2500円です。
これをアルバイトの時給と考えるとかなり高額のアルバイトと考えることができます。



通勤時の満員電車はかなり苦痛ですが始発駅から乗ると座ることも可能です。満員電車の場合座席に座れるのと立ったままでは座って通勤できるほうが良いでしょう。


座れると本を読むのも音楽を聞くのも立っているときよりも楽な姿勢でできます。


都心近くに住んで会社での仕事が終わりその後に1日2時間のアルバイトをするほうが非現実的です。


残業があってアルバイトに遅刻することもあるかもしれませんし、時給が2500円のアルバイトは滅多にありません。


そう考えると郊外の家賃が安いところに住み安くなった分をアルバイトをして稼いでいると考えると得した気分になれます。


1ヶ月10万円の家賃が節約できれば年間120万円の節約ができ100万円の貯金は十分可能ですね。


マイカーを所有の人であれば駐車場代もかなりの節約になります。都心の駐車場代は1ヶ月の金額が地方都市のワンルームマンション並の料金でかなり高額です。

これが地方都市になると1万円台で借りることができます。

家賃と駐車場でかなりの金額の節約になりますよ。


老後になると年金額が少ないということで働きたいと思っても高齢の求人は少なくなります。


紹介した例は通勤時間が長くなるという苦痛が伴いますが、老後にお金がないということで苦しむことを考えれば通勤の苦労は大したことはないと考えることもできるでしょう。



水道・光熱費の節約で年間10万円節約できる


水道は炊事や洗顔などで不可欠のものですが、意外と流しっぱなしの時間があるものです。

水道代は水圧を調節することにより年間数万円安くすることができます。

マンションの場合、玄関付近にメーターボックスがあります。その中に水道のバルブがありますので、水道のメインバルブを調節して適度に閉めてみます。

そうすると水圧が低くなることによりかなりの水量が節約できます。


また、長期的な節約を考えた場合、電灯をLEDにします。LEDは白熱灯と比べて購入時は高いですが、寿命と消費電力がかなり違います。

消費電力は白熱灯の約8分の1で、寿命は40倍もあります。

先ほどLEDは購入時は高いと書きましたが、40倍もしません。寿命だけを考えても十分すぎる節約になります。




アマゾンギフト券や金券を安く購入し年間10万円以上の節約を


アマゾンギフト券はアマゾンで使える金券です。

アマゾンはご存知の通り大手通販ショップです。

そのアマゾンギフト券はコンビニでも売っていますが、額面通りの金額で売っています。
額面通りで購入していてはメリットはありませんので、これをネットショップで購入します。

相場は額面の91%~95%程度で売っています。

そして、買い物をするときはアマゾンのタイムセールを利用して購入します。そして、送料無料のものを購入すると20%程度の割引で購入することができます。

アマゾンは家電、本、DVD、食品、衣類など生活で使うもののほとんどを扱っています。
節約する金額を大きくするのであれば万単位の金額以上の買い物をすると良いです。


ネットショップでアマゾンギフト券を購入するとギフト券番号が書かれたメールが送られてくるので利用時はそのギフト券番号を入力するだけです。


通販を利用する節約効果はこれだけではありません。
実店舗に買い物に行く場合自家用車を使うこともあるでしょう。
自家用車を使わずに購入できるということはガソリン代の節約にもなりますし、時間の節約にもなります。



まとめ


このように節約を上手くすれば年間100万円以上もの金額の支出を減らすことができます。減らした支出を貯金すれば1年で100万円10年で1000万円もの貯金ができますよ。

支出を減らすためにはこれらのことだけでなく普段から無駄遣いをしないなどの心がけも大切ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑