得する電気料金の支払い方法

公開日:  最終更新日:2014/05/19

Pocket

かつては、電気料金などの公共料金は口座引き落としや払込みが普通でしたが、最近はクレジット払いも増えています。

クレジットカードの引き落としで電気料金を支払えばカードのポイントが貯まるなどのメリットがあります。

毎月50円ずつの割引が口座振替で可能な電気料金もあります。

割引サービスが、5000円以上の電気料金の支払いがあったときに発生するというクレジットカードもあるようです。

クレジットカード払いの手続きですがまず電力会社に連絡をして、クレジットカードでの支払いにしたいことを伝えます。

電力会社から申し込み用紙が送付されてきますので、カード番号などの情報を入力して返送します。

今までと同じ口座からの電気料金の引き落としにすれば、条件は以前と同じです。

申し込みから1、2カ月待てば、クレジットカード払いになります。手続き内容に問題はなかったか、見直しておくといいでしょう。大まかな点は、国内の電力会社は変わりません。

ある程度知名度の高いクレジットカードであれば、どの電力会社でもクレジットカード払いに対応しています。

クレジットカード払いを利用して電気料金を納付できれば、色々とお得な状況になります。

スポンサードリンク


では電気料金をクレジット払いにするメリットを見てみましょう。

電気料金などの公共料金をクレジットカードで支払うという人が多いですが、なぜクレジット払いが注目されているのか、それはクレジットカードにはさまざまな特典がついているものがたくさんあるからです。

ひとつがポイントです。家計の一部を毎月必ず占めるものに、電気料金や水道料金、携帯電話代などのインフラに関する料金があります。

何もしないでいても、公共料金の支払いをカードにするだけでそのカードのポイントがたまります。

電気料金など公共料金の支払いをクレジットカードで行うと、家計のチェックがよりしやすくなるようです。

公共料金がいつ引き落とされるかに関係なく、カードの支払日が料金の支払日になります。

カード決済日に合わせて通帳の残高を調節しておけます。

カードの利用明細にもはっきりと電気料金が記載されるので家計簿代わりに確認することもできます。

電気料金は毎月支払わなければならないものなので、黙っていてもポイントはふえます。
電気料金を支払う時には、クレジットカードを有効に使うことことが大切なポイントですね。

電気料金のクレジット払いでの注意点

ポイントもたまりますし、簡単に手続きができるクレジット払いにはメリットも多いですが、注意点を見てみましょう。

まず、電気料金をクレジットカードで支払う時には、利用限度額を超えていないか気をつけましょう。

カードを使ってショッピングをしていた結果、電気料金を支払おうにもクレジットカードでの支払いができない場合があります。

いくらまで使えるクレジットカードなのかをチェックしておかないと、電気料金の支払いができないことがあります。

公共料金の支払いの場合、クレジットカード払いに手数料が発生することがあります。

ポイントが付与されても、手数料の方がたかくつくという状況では、クレジットにした意味がありません。手数料がかかるかどうかをあらかじめチェックしておきましょう。

不注意でクレジットカードを紛失したり、盗難の被害に遭う可能性も考えられます。
クレジットカード情報が第三者に渡ってしまった時にはカード停止の手続きが必要です。

面倒かもしれませんが、そのような場合はカードの停止手続きは必須です。クレジットカードを使って電気料金を支払うことになったら、カードの管理は特に注意が必要です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑