ワキガの原因とミョウバン水の効果と作り方

公開日:  最終更新日:2015/05/18

Pocket

人間は誰にでも体臭はありますが臭いの強いワキガの人はかなり悩んでいるようです。

ワキガの人は周囲の人に気づかれないかと思ったり、エレベーターなどの狭い空間に他人と一緒に乗ることに恐怖感を覚えたり、みんなに迷惑をかけているのではないかと思ったりしますよね。

香水をつけても臭いが混ざって余計に臭くなったりします。

臭いさえしなければいいのですが、どうやったら臭いを少なくしたり防いだりできるのでしょうか。


ワキガの臭いの原因は?



一般的な汗は「エクリン腺」、ワキガの汗は「アポクリン腺」から出ます。

汗そのものは無臭なのですが皮膚の表面にある細菌と皮脂が混ざると臭いは非常に強くなり不快度合いは高まります。


そして、食べるものによっても影響されます。

肉類や脂肪分の多い高カロリーの食品はアポクリン腺を活発にする作用があります。

日本人のではワキガの人は約10%と言われていますが欧米人のワキガ体質の人は70%~100%と言われています。

これは食文化の影響も受けていると思われます。欧米では肉類中心の食生活です。


肉類はアポクリン腺の働きを活発にするということですがそれとは逆に野菜や魚はワキガ体質の改善に役立つ栄養素が含まれています。


ミョウバンのワキガの消臭効果


ミョウバンは臭いの原因となる汗と細菌の繁殖を抑えてワキガの臭いにも効果があります、

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。一方臭いの元となる細菌はアルカリ性です。

ミョウバンで皮膚を酸性にすることで臭いの元となる細菌の繁殖を抑えることで臭いの軽減に役立ちます。


簡単なのはこの消臭効果のあるミョウバンの粉末を直接脇の下に塗ることでワキガの臭いを抑える効果があります。


ミョウバンを水に溶かして脇にスプレーする方法もあります。


ワキガに効果のあるミョウバン水の作り方


ミョウバンはスーパーの漬物売り場に売っています。
価格は100円程度なので安価で手に入ります

次のものを用意します。
・ミョウバン 50g(ミョウバン・焼きミョウバンどちらでも構いません)
・水 1.5リットル
・1.5リットルのペットボトル(2リットルのものでも構いません)
・空のスプレーボトル

ペットボトルに水とミョウバンを入れて振って溶かします。

ミョウバンは水に溶けにくいので白く濁りますのでそのまま1日置きます。

無色透明になればミョウバンが溶けているということなのでそのミョウバン水をさらに10倍にうすめて使います。

これをスプレーボトルに入れてワキガ臭対策用スプレーとして使います。

残りのミョウバン水は冷蔵庫で1ヶ月程度保存が効きます。







まとめ


アポクリン汗腺の数は生まれた時から決まっているのでこれが増えたり減ったりということはありません。

ワキガ臭は他人に不快な思いをさせたり本人も気にしすぎて仕事や学校での勉強に集中できないようになっては困りものですね。

でも、ミョウバン水は簡単に作れますし、このミョウバン水はワキガ臭だけでなく足の臭いも消臭することができます。

ただ、ミョウバン水は人によっては皮膚がかぶれることもありますのでパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑