転職活動での面接時のチェックポイント

公開日:  最終更新日:2014/03/08

Pocket

面接は、転職活動の際には必ずと言っていいほど行われますから、重要な点を最初から知っておきましょう。

転職活動での面接時のチェックポイントは、面接官である相手の視線を受け止めることが大切です。

また、面接の答え方で心がけることは、要点をスッキリまとめてはっきり回答することです。そのような回答は能動的なタイプという印象を与えます。

転職前のことを話すこともいいですが、この会社でどう頑張りたいかを述べることもポイントです。

無闇に自分を言い繕おうとしても、最終的にはメッキが剥がれて失敗することもありますので、素直に話しましょう。

頑張って取り組む態度を示すことが面接での最も重要なポイントです。

以上の点を心に留め、あとはあがりすぎないよう落ち着いて面接に向かうようにしましょう。

面接の場までの時間や交通については、早くからチェックしましょう。

控え室ではそわそわせず、気持ちの集中に努めましょう。

入室前には身だしなみを再度チェックすることも忘れてはなりません。

部屋に入る前には深呼吸をして心を落ち着けてからがいいですね。

そして、心もち大きめの発声を心がけながら話し、困った時はまず一拍おいてください。

多少は意地の悪い質問をされるかもしれませんが、そんな時こそ落ち着いて答えられるように心がけます。

意味がわかりにくかったら聞き直しても問題ありません。

面接の場で緊張しないという人はいないと開き直って、この場を堪能するくらいの精神状態の方がうまくいくかもしれません。

これらの点を守って面接の場に出ることができれば、面接官から好感をもってもらえるはずです。頑張って面接に出向き、緊張しすぎずに頑張りましょう。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1651046106118853"
data-ad-slot="3811960040">


では次に転職の面接を受ける際の注意点を見てみましょう。

転職活動で面接を受ける時はどのような点に気をつければいいのでしょうか。

例えば、急な用事が入って面接に行けなくなったり、遅くなりそうな時はどうすればいいでしょう。

予定通り面接に行けるようにしっかり準備をしても不測の事態が起こらないとも限りません。

面接時間に行けそうにないとわかった時点で、面接先に連絡を入れて次の日程を決めます。

一旦、転職の面接予定を組んでからの変更は、担当者に迷惑であると共に非常に悪い印象を与えてしまいます。

転職の際の面接では特に注意しましょう。

実際に転職の面接を受ける際の注意点もいくつか挙げてみます。

面接会場への入室は緊張の瞬間ですが、落ち着いてこなしましょう。ドアを後ろ手に閉める等の失敗は禁物です。

慌てる必要は無いので後ろを向いて閉め、振り返って一礼しましょう。

また、面接の時に聞かれる可能性が高いものに、前の会社の退職理由です。

面接で好感情をもってもらうためには、仕事に対する批判的な視点のみでものを言わないようにします。誰が聞いても納得する退職理由が良いことは言うまでもありません。

面接で注目される点としては、その人が前の職場で望ましい状況を得られたなかった時にどうしたかということです。

この時こそポジティブな動機で転職活動をしていることをアピールし、やる気を示しながら志望動機に結びつけることが大事です。

誰でも言いそうな志望動機では面接担当者の印象に残らず終わってしまいますので、将来ビジョンに共感して、といったよくある定型文は使わないようにします。

転職の面接時の条件確認は必要ですが、どのような形で、採用条件を聞けばいいのでしょう。質問をする時は、慎重に行う必要があります。

会社に対して要求を行い、取り入れてもらえるかどうかという話になります。

採用時の条件を確認する時には、その会社の現状や将来への展望、業界全体の動きを見ながらにしましょう。

条件の話をする時は、給料のことにも話題が及ぶこともあります。

会社の利益にどれだけ寄与できるかを見積もっておくと、話もしやすいでしょう。

自分が会社に対してできることや能力を伝えた後は、給与の話を持ち出さずに相手側から給料の金額についての話を切り出してもらった方がいいです。

また、採用後に問題が起きることを避けるためには、労働条件や会社の内容、どんな仕事なのかをはっきり確認しておくべきです。

その他、時間外労働についても確認しておくといいでしょう。仕事のない日に連絡をつけられるようにしておくのかなども重要です。

もしも質問を求められた場合、わかりにくかったところや理解を深めておきたいという項目については忘れず聞いておきます。

採用後に後悔しないためには、転職活動中の今でこそ色々な確認をしたいところですか、面接中の相手の好感を得ておくためには、給与の話に固執することはいいことではありません。

面接の場で条件の話に終始しすぎないために、聞きたい点は簡潔にまとめておくといいのではないでしょうか。

また、面接終了後は、その会社宛に感謝の意を込めた手紙を出し、時間を作ってもらったことへのお礼をします。

もしも面接時に言葉が足りなかったように感じた部分があったら、補うこともできます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑