母の日のカーネーション何色にすれば良い?赤 ピンク 青 紫など

公開日: 

Pocket

母の日のプレゼントに初めてカーネーションを贈ろうと思っているあなたへちょっとしたアドバイスです。


花には花言葉というものがあります。

花言葉とは花にはある意味があり、例えばバラの花言葉は「愛情」というようにバラをフレゼントする場合は、私はあなたに愛情を抱いていますよ。という意味があります。

これと同じように母の日プレゼントのカーネーションの色にも花言葉があり、母の日のプレゼントとして適している色、適していない色があります。



カーネーション 贈ってはいけない色


贈っては行けない色を知っておかないとプレゼントをしたつもりが逆に母親を怒らせてしまう場合もあります。

最低限贈っては行けない色は覚えておきましょう。


黄色のカーネーション


黄色は軽蔑や嫉妬、侮蔑を表す色

お母さんが黄色が大好き、黄色に思い入れがあるのなら黄色でも問題はないですが、
「軽蔑しているわけではなくてお母さんが黄色が好きだから黄色にしたよ。」と
フォローをしておきましょう。



白のカーネーション


「亡き母を偲ぶ」という意味があります。

亡くなった母へ贈るものとされています。


元気なお母さんに送るのなら、黄色と同様お母さんが白色が好きな場合以外は避けましょう。



複数の色のカーネーション


愛の拒絶
私はあなたの奴隷になるという意味があります。

ネガティブな印象がありますので避けたほうが無難でしょう。



濃い赤のカーネーション


欲望
私の心に哀しみをという意味があります。

紫や茶、黒に近い赤色のカーネーションはネガティブな意味の花言葉になってしまうので注意が必要です。

贈ったあなたがそのようなつもりはなくても受け取ったお母さんが良い印象を持たない場合もありますので気をつけましょう。



カーネーション 贈っても良い色


赤いカーネーション


赤色のカーネーションは「母への愛」を表します。

母の日にはベストな色ですね。


ピンク色のカーネーション


「感謝」を表します。

日頃の母への感謝を伝えたい場合にはピッタリの色ですね。


オレンジ色のカーネーション


「純粋な愛」という花言葉で母への愛というよりも

恋愛感情という意味の愛でどちらかというと恋人向けです。




お母さんが好きな色であれば贈っても良い色のカーネーション


パープルのカーネーション


紫(パープル)は「気品」「誇り」を表します。

お母さんが花言葉に合いそうな人であれば良いでしょう。
どちらかというとクールなお母さん向けですね。


青いカーネーション


「永遠の幸福」

「いつまでも幸せでいてね」と意味を込めて贈るにはピッタリですね。



まとめ


母の日のカーネーションの色はおすすめは赤又はピンク色ということになりますね。

逆に避けたほうが良い色にカーネーションは白、黄色、濃い赤ということになります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑