DHAの効果は何があるのか?妊婦や赤ちゃんの発育に良い影響がある!

公開日: 

Pocket

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは、主にマグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれる栄養素のことです。
脂と聞くと心配する人もいますが、魚の脂は不飽和脂肪酸で牛肉に含まれる脂とは別のものです。

DHAは血中コレステロールを下げる効果があり、血液をサラサラにして動脈硬化を予防する働きがあります。


DHAは良い効果ある!妊婦さんにとって大切な栄養素


妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにもたくさんの栄養を摂る必要があります。

母子手帳には葉酸を摂取することをすすめています。

葉酸は赤ちゃんの先天異常を防ぐ働きがあります。

そして、DHAも妊娠中のお母さんが摂取すると胎児の発育に良い影響があるという研究結果が多数あります。

ではどの魚にDHAは多く含まれているのでしょうか。

きんき、さんま、いわし、ぶり、はまち、うなぎの蒲焼き、まぐろ、さけに多く含まれています。

ただし、摂り過ぎても逆効果になるという報告もありますので注意が必要です。

また、まぐろには水銀が含まれている可能性があるため他の魚から摂ったほうが良いでしょう。



DHAは赤ちゃんや子供にはどんな効果があるの?


DHAは脳や神経の発達に良い栄養素と言われています。

赤ちゃんの発育テストで通常のミルクとDHAが含まれたミルクとを与えた場合、DHAが含まれたミルクを与えた赤ちゃんのほうが脳の発育が良いという実験結果があります。

また、DHAにはアレルギーの予防に効果があると言われています。さらに、アトピーを改善する働きがあることもわかっています。

子供の近視の改善に効果的といわれており動体視力の改善にも良いとされています。

さらにDHAには血液がサラサラになることから疲労回復に効果があり、運動するのに適した体になると言われています。


DHAサプリメントの選び方


DHAが妊婦や赤ちゃんに良い効果があるとわかっていても魚が嫌いな人やまぐろなどの大きな魚には水銀が含まれている可能性があることからサプリメントでDHAを摂取する方法もあります。

DHAサプリメント選び方

DHAとEPAが両方含まれていること。

 魚にはDHAとEPAが含まれていますので自然に近い方法で摂取することができます。

酸化防止対策ができていることが重要

 DHAやEPAは酸化しやすく、酸化すると効果が落ちるだけでなく人間の体に悪影響があるといわれています。

・新鮮な魚から作られたもの

・DHAの臭いを消しているもの
 
 DHAは青魚に含まれているため生魚の臭いを消しているものが飲みやすいです。


まとめ


DHAは青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸で血液をサラサラにする効果や中性脂肪や血中コレステロール値を下げる働きがあります。

妊婦が摂取するとお腹の中の赤ちゃんの発育に良い影響を与えるといわれています。

サプリメントで摂取する場合は選び方に注意して特に酸化防止対策をしてあるものをを選ぶことば重要です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑