花粉症の症状は鼻水 頭痛 目のかゆみなどがあるが風邪との見分け方は?

公開日: 

Pocket

花粉症の流行る時期は風邪の流行る時期とほぼ一致します。

症状も鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭痛など風邪とほとんど似た症状です。

風邪はほとんどの人がひいたことがあると思いますが、花粉症は去年までは花粉症ではなかったけど、今年から花粉症になった、という人もいます。

今年から花粉症になった場合、最初は風邪の症状と似ているので本当は花粉症なのに風邪と勘違いすることがあります。


花粉症の主な症状の鼻水


花粉症と風邪の鼻水は大きく異なります。花粉症の鼻水は色は透明で水のようにサラサラしていて突然ポタッと落ちることもあります。

一方、風邪の鼻水は少し粘り気があり、色は黄色や黄緑色です。

耳鼻科で調べないとわかりませんが、花粉症の場合は鼻水の細胞に好酸球という細胞が含まれます。風邪の場合は好中球という細胞が含まれます。

症状が起こる期間でみますと、風邪の場合は1週間程度で治まりますが、花粉症の場合は花粉が飛散しているシーズン中起こるので2~3ヶ月続きます。


花粉症の症状の熱と目のかゆみと頭痛



花粉症の場合でも少数ですが熱が出る人もいます。しかし、風邪のように高熱になることはなく微熱です。

目のかゆみ
花粉が目に入ると非常にかゆいです。目のかゆみは鼻水と並んで最も多くの人が悩まされている症状です。強くかきすぎるすぎることにより炎症を起こしたり眼球を傷つけることもありますので注意しましょう。

頭痛
鼻ずまりにより脳への酸素供給が不足して頭痛が起こります。
始めて花粉症になった人は頭痛が起こるから風邪だと勘違いしてしまうことがあります。


花粉症の症状は鼻水 頭痛 目のかゆみなどがあるが風邪との見分け方は?


鼻水
花粉症:色は透明でサラサラしている。

風邪:黄色や黄緑がかっていて粘り気がある。


目のかゆみ
花粉症:非常にかゆい

風邪:目のかゆみは起こらない



花粉症:個人差はありますが、熱が出ても微熱程度

風邪:風邪の場合も個人差はありますが、花粉症よりも高熱になる場合がある。


まとめ


花粉症の症状と風邪の症状は似ています。
見分けやすいものは鼻水で水っぽいものが花粉症、粘り気ばあるものが風邪です。
そのほか、症状が続く期間が短いものが風邪、シーズンを通して症状があるのが花粉症です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑