夫婦円満の秘訣やコツを学び離婚危機を乗り越えよう!

公開日: 

Pocket

昔前に比べて最近は離婚率が高くなっているといいます。

ひと結婚するときは生涯を共にすると誓ったはずなのに、恋人から夫婦になると価値観の違いや生活習慣の違いから色々なすれ違いが出てきます。

ここではちょっとしたことで離婚をするのではなく夫婦円満の秘訣を考えてみましょう。

スポンサードリンク



結婚後「こんなはずではなかった」と思うとき


結婚生活はそもそも他人同士が一緒に生活するので、今までの生活習慣が異なる者同士が一緒に生活するようになるので色々な問題が起こるのは当然のことかもしれません。

例えば母親が専業主婦であった夫の場合、母親が何でもしてくれていたのでそれを奥さんに求めてしまうのも無理は無いでしょう。

奥さんも専業主婦である場合は良いのですが共働きの場合は、それが当然と思ってしまうとけんかの原因になってしまいます。

また、理解あるご主人で家事を手伝う人もいますが、奥さんがご主人の家事に対してダメ出しをするとこれもまた、けんかの原因になってしまいます。


当たり前の日常会話をする


朝の挨拶「おはよう」やご主人が出勤するときに「いってらっしゃい」帰宅したら「おかえりなさい」などごく当たり前のことから、相手に何かをしてもらったら「ありがとう」の一言を言いましょう。

その時に大切なのは相手の目を見て話すようにしましょう。

とにかく夫婦間で会話のない日を作らないことです。
共働きでお互いに多忙な家庭もあるでしょう。そんな時は短くてもいいので電話で話すなどの工夫をして会話をしましょう。


結婚前にしていたことを続ける


例えばお互いの誕生日やクリスマスなどのイベントは二人で過ごしていたのではないでしょうか。

結婚後も、誕生日や結婚記念日などのイベント事は夫婦水入らずの日を作るようにしましょう。

結婚前のこのようなイベントの日は腕を組んだり、手をつないでデートをしていたのではないでしょうか。

結婚後もスキンシップを欠かさないようにしましょう。


まとめ


共働き夫婦で家事のことなどでけんかになりそうなったときは、売り言葉に買い言葉ではなく、一歩引き相手の言い分をよく聞き、表面上の言葉や態度の奥にある本音の部分や気持ちを推し量るゆとりも必要でしょう。

簡単にいうと相手よりも器を大きくするということが大切ですね。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑