シアバターは顔と肌の保湿に効果があるので乾燥シーズンに使おう!

公開日: 

Pocket

冬になると肌がカサカサになりまるで粉をふりかけたようになりませんか。

シアバターはあなたのような乾燥肌の方は保湿のために使えます。

シアバターは元々はアフリカで使われていたものでしたが、近年その効果が注目され世界中で使われるようになりました。

スポンサードリンク



シアバターの使い方


シアバターは普通のハンドクリームはボディクリームと同じように使って問題ありません。

ただ、シアバターは常温では固形状で肌に塗布することにより体温で溶かしながら伸ばして使います。

溶けにくい場合は一度手のひらに載せ、体温で柔らかくしてから塗ってもよいでしょう。

量は薄く伸ばすのでほんの少しで構いません。

量が多いとオイル部分が多くなりかえって皮膚によくありません。

使うときは適量を守り、美しい肌を作るようにしましょう。


シアバターの主要成分と効果


シアバターの主成分は人の皮脂と似た成分であるステアリン酸、オレイン酸です。

人の皮脂と似ているので肌に馴染みやすく保湿効果もあります。

ですので洗顔後や入浴後に顔やボディに塗ると乾燥から肌を守ってくれます。

また、シアバターにはカロチノイドという成分も含まれています。カロチノイドは荒れてしまった肌の再生を助ける効果があります。


トコフェロールというビタミンEの一種も含まれており肌の老化を防ぐ効果もあります。


シアバターはアトピーにも効く


アトピー性皮膚炎の人は痒みのためにひっかき傷ができてしまいがちです。

そして、その傷から菌が侵入しそのために痒みがひどくなり、また痒みが我慢できずに掻いてしまうので傷ができるということを繰り返してしまいます。

シアバターはそのように傷んだ皮膚に対して防御としての役目をしてくれます。

また、シアバターの主成分であるステアリン酸とオレイン酸は皮脂と似た成分のため、化学物質とは異なり肌との相性がとても良いと言われています。


まとめ


シアバターはお肌の保湿効果に優れており、成分も人の皮脂と似たものなので顔に塗ってもボディい塗ってもよいものです。

乾燥シーズンにはシアバターをお肌のお手入れにぜひ使ってみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑