究極の眠気覚ましの方法!睡魔に襲われても寝てはいけない人のために

公開日: 

Pocket

仕事や受験勉強で日頃から睡眠不足のあなたにとって睡魔との戦いは永遠の課題ではないでしょうか。

特に車の運転中に居眠りをしてしまっては大事故につながり命の危険さえあります。

そんなあなたにいくつかの眠気覚ましの方法を紹介します。

スポンサードリンク



何かを食べる又は飲むことによって眠気を覚ます方法


1.ブラックコーヒー


定番ですがコーヒーに含まれるカフェインは眠気を覚ます作用があります。

但し、カフェインは耐性ができてしまいますので、普段からコーヒーを飲んでいる人には効果薄です。

ブラックコーヒーを飲む方法は普段コーヒーを飲まない人向けですね。


2.氷を食べる


氷を口に入れて噛み砕く。口に入れて転がしても良いです。
冷たさで目が覚めます。


3.ミント系ガムを噛む


ミント系のガムはスッキリとして目覚ましにはいいです。

ガムを噛むと、顎や口の筋肉運動が脳を刺激し、脳の血液循環が促され、脳の神経細胞が活性化するため集中力がアップすると言われています。

一定の間隔での噛み方だと効果が薄れるのが早いので、少し噛んだ後ガムを右でも左でも構わないので上顎の奥のほうの歯茎と頬との間に挟みます。
しばらくはそのままにして、また睡魔に襲われたらガムを噛むというのを繰り返します。


4.硬いもの食べる


煎餅やスルメなど硬いものを食べることによって口を動かします。
この時一定のリズムにならないようにするのがコツです。

但し、食べる過ぎると満腹感でまた睡魔に襲われますのでご注意を。


体を冷やすことによって眠気を覚ます方法


首の後にドラッグストアやコンビニで売っている冷却シートを貼る。

車の運転中などは、冷却シートをさらに冷たくするために冷たい飲み物の間に入れて冷やしておいたものがいいですね。

車の運転中の場合エアコンの風量を一番強いものにしてさらに温度を一番低くして風が足にあたるようにします。この方法は寒気がするので目が覚めます。

冬にしか効果がありませんが、薄着になって寒いくらいにします。寒くなると目が覚めます。但し、風邪を引かないようにご注意を。


その他の方法



歌を歌う

車の運転中にできることですが、大きな声で歌を歌うことです。
この方法はリズムをとることにより脳が活性化され目が覚めます。


ストレッチをする

ストレッチをして筋肉を動かし体の筋を伸ばします。
すると、体の血液の循環がよくなり脳細胞が活性化され目が覚めます。


まとめ



本当は昼間であれば20分程度の昼寝をしたり、仮眠を取るのが一番なんですが、時と場合によってはそれができないから良く効く眠気覚ましの方法を知りたいんですよね。

自動車の運転中や機械の操作などをしている人は睡魔は危険と隣り合わせなので本当に注意してくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑