薄毛の悩みは男性だけでなく女性でも意外と多いのが現状

公開日: 

Pocket

女性の薄毛治療



女性でも、薄毛治療に力をいれている人がいます。年を取ると、女性の場合は10代、20代の時とは違う抜け毛が多くなり、髪全体のかさが減ってくることがあります。


20代の女性でも、薄毛に悩む人は増えています。ストレスや生活環境の変化、食習慣などが関わっているようです。女性は、薄毛の悩みを誰にも相談できずに、一人で悩む傾向があります。


薄毛の治療方法はありますので、まず、皮膚科で診察を受けるところから始めましょう。頭髪専門外来がある病院も、最近は増えています。女性の薄毛治療では、保存的療法がよく用いられます。


薄毛の治療に、飲み薬や、塗り薬を使うという方法です。病院で、薄毛の治療のための薬を出してもらいます。


髪質や体質によって効果の現れ方は違いますが、おおよそ3カ月から6カ月で薄毛の症状が回復していきます。


女性に多い脱毛症状に、びまん性脱毛症があります。びまん性脱毛症になると髪の1本1本が細くなり、頭髪全体が薄くなります。ストレスをためず、バランスのいい生活習慣にすることで薄毛は改善できます。


皮膚科で薄毛治療を受けたり、サプリメントを活用することで、より改善効果が期待できます。薄毛の悩みは抱え込まずに、積極的に治療を行っていくことがおすすめです。


スポンサードリンク




男性の薄毛治療



薄毛に悩む男性は大勢いますが、それぞれ原因と治療法が違います。男性が薄毛になる理由としては、毛穴の目詰まり、男性ホルモンのバランス、遺伝的形質などがあります。


40代以上の日本人男性の3割は、男性型脱毛症という薄毛に悩まされているといいます。男性ホルモンが毛根に働きかけることで、抜け毛と毛の再生の周期が狂い、短期間に薄毛が進行するというものです。


フィナステリド、ケトコナゾールという薬が、現在のところ、男性型脱毛症の治療に用いられています。薬は男性ホルモンが毛周期を狂わせる作用を防ぐ効果があり、抜け毛の周期が早まることを予防する作用があります。


よい効果が確認されているのは、男性の薄毛の中でも、額の生え際や、頭頂部の髪が特に薄い人です。薄毛の治療に効果がある薬として、現在、日本を含め60カ国以上で市場に出回っています。


1日1錠を毎日摂取することで、6カ月ほどで改善効果が実感できるようになります。薄毛の悩みは、男性にとって深刻なものです。


薄毛の対策には、髪のお手入れに注力したり、かつらをかぶって隠すなどの手法があります。薬を使って薄毛を治療するという方法も、考慮に入れてみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑