粉瘤(ふんりゅう)という脂肪の塊

公開日: 

Pocket

体内の脂質が固形化すると、どういったものになるのでしょう。皮膚表面に現れる良性腫瘍の一つに粉瘤というものがあり、脂質が凝固することで発生しています。


粉瘤はさほど珍しい症状ではなく、大多数の人が体のどこかに持ち合わせた経験があるのではないでしょうか。


粉瘤という脂肪の塊は悪性ではないので、どうしても切除しなければいけないものではありません。とはいえ顔の粉瘤などを放置しておくと、邪魔に感じることもあります。


何事もなければ特に痛みも感じない粉瘤ですが、感染しやすい性質があり、感染して化膿するといきなり腫れがひどくなり痛みが起きます。


大きくなってからの粉瘤が化膿すると痛みや腫れもひとしおですので、小さい粉瘤でも見つけたら早めに対処してください。


脂肪分が固まっている部分だけでなく、それをくるんでいる皮も完全に除かなければ再発要因となりますので、除去する時は完全に取り去ってください。


細菌感染がなければ被膜は周囲の組織から簡単にはがれてきれいに摘出できます。しかし、あまりに皮膜が薄すぎて取り除く時に脂肪塊が飛び出してきてしまう危険性もあります。


一旦細菌感染すると周囲の組織と癒着を起こすため、脂肪の塊よりも少し大きめに切開します。すっかり粉瘤を取ってしまうためには、粉瘤の癒着した皮膚も含めて除去する必要があるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑