脾粒腫(はいりゅうしゅ)という脂肪の塊

公開日: 

Pocket

顔の特に目の周りなどにできる小さな脂肪の塊を、脾粒腫といいます。一度できるとなかなか消えない脾粒腫ですが、何もせずともポロッと外れてしまうということもあるようです。


顔に溜まった脂質という点ではニキビに似ていますが、脾粒腫は毛穴の詰まりから引き起こされます。大抵の場合、30歳以降から脾粒腫は見受けられるようになりますが、まれに子供にもできることがあります。


人によっては、ぷつぷつといくつも薄い褐色の粒子が並ぶこともありますが、首やあごに2ミリ程度のものができやすいです。


良性脂肪塊なので転移の心配はなく、元々は皮膚の一部だったものです。白髪と同様で年令とともに増加する人もいますが、年令の割に多い人も老人でも出来ない人もいます。


脾粒腫という脂肪の塊は他人に映るうつることはありませんが、徐々に数年間かけて成長して飛び出た状態になったりします。


脾粒腫はスキンタッグという名称でも呼ばれています。気になるようなら皮膚科に行けば、意外とアッサリ摘出できます。


新陳代謝を活発にすることで、脂肪の凝固体が発生しにくくなるといいます。体質改善は一朝一夕に成すものではなく、脂肪を取り除くという対症療法的な対策とは違います。


油脂の多い食べ物などを控えることや、適切なエクササイズなどを行いましょう。目の周りの脾粒腫であれば、アイクリームなどを塗ってマッサージを続けるのも良いようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑