血行不良で冷え性をサプリメントで改善してみよう!

公開日: 

Pocket

冷え性とサプリメント



冷え性とは、特に病気という事ではなく冷えを感じやすい体質の事で、血行不良で手足等末端迄血流が充分に届かない事です。


ですから冷え性には血行不良を改善するタイプのサプリメントがおすすめです。手足が冷えて眠れない、冷房で夏でも足が冷える等女性に多い悩みです。


冷え性によって手足の関節が痛んだり、頭痛や吐き気を感じて体調不良に陥ってしまう女性もいます。


また、漢方には冷え性対策の薬がありますが、西洋の医学には冷え性という考え方はありません。そのため、冷え性改善に漢方薬を使う人もいます。


自律神経のバランスが崩れたことなどが原因で、指先の細かい血管まで血がまわらなくなることで冷え性になると考えられています。


甲状腺の異常でも冷えの症状が出るようですので、だるい、食欲不振、肌荒れ等他の症状によっては専門医の診察を受けた方が良いでしょう。


また、更年期障害の1つとして冷え性の症状が出る人もいますし、ストレスや疲労が原因となることもあるようです。


では、どのように冷え性を解消すべきでしょう。冷え性体質を改善するためのサプリメントで、血流をよくするという方法があります。


サプリメントを使って冷え性を改善するには、ビタミンEやC、コラーゲン、高麗人参のサプリメントがおすすめです。


いずれも血流促進効果があります。サプリメントだけで冷え性改善を目指すのではなく、日頃から血流を促進するというサフラン、シナモン、生姜、黒胡椒といった食品を摂取して相乗効果を狙うといいでしょう。

スポンサードリンク



冷え性にはビタミンEとコラーゲンのサプリメント


冷え性を治すために使うサプリメントというとコラーゲンサプリメントやビタミンEサプリメントです。抗酸化作用があることが、ビタミンEサプリメントが使われる理由です。


元々の体質や、食事バランスの偏り、そして生活リズムの狂いなどで体が酸化すると、細胞にダメージが及びます。活性酸素が増えれば、健康や美容に悪影響があるので冷え性にもつながります。


体を酸性に傾かないようにするために、ビタミンEを取り入れるというわけです。ビタミンEの抗酸化作用によって酸化を防ぐことが目的です。


しかし脂溶性ビタミンであるビタミンEは多くは油類や脂肪の多いナッツ類等に溶けて存在します。


従って、ビタミンEを食べ物から摂ろうとすると高カロリーになってしまうのです。脂質を含む食品の食べ過ぎは体内の酸化を助長しますので、冷え性のためには控えなければなりません。


この他には、かぼちゃや小松菜などの緑黄色野菜にもビタミンEは豊富です。しかし、それだけを食べることは難しいでしょう。


そこで低カロリーのサプリメントも上手に利用して、効率良くビタミンEを摂りましょう。コラーゲンも冷え性を軽くしてくれる栄養成分ですが、年を取ると老化によって少しずつ少なくなっていきます。


そこで、コラーゲンをサプリメントという形で補充する必要があるのです。コラーゲンは体内の新陳代謝を助ける成分ですので、血行促進と冷え性の緩和効果のためにもぜひ摂取してください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑