シミを取る方法 クリームと内服薬とレーザー治療

公開日:  最終更新日:2014/03/08

Pocket

シミ取りにはどんな方法があるでしょう。

シミの成分をレーザーで破壊するというやり方や、クリームをつけてシミを薄くするやり方、美白効果があるサプリメントを使うやり方があります。

顔に目立つシミがある人や、体のシミが気になる人にとっては、シミ除去方法は重要な問題であり、シミ取りの技術開発は進行しています。

幾つもシミ取りの方法がありますが、それらを大まかに分類すると、手法や薬品の特徴によって、大体3パターンに分類できます。

レーザーを使って、物理的にシミを取り除くという方法も、よく使われています。

レーザーの他にも、特殊な光をシミにあてることでシミを取り除く光治療や、フォトフェイシャルのような方法もあります。

レーザーと同様に、シミのある部分に光をあてることで、シミをより目立たなくさせるというものです。

シミ取りのために、クリームやローションを使う方法も存在します。お肌のシミがどんなシミかで、どんなクリームを使うべきかは決まります。

美白効果があるビタミンを使う場合や、シミ取りにいいハイドロキノンやレチノールを使うものもあります。

シミ取りにいい栄養素を、サプリメントで体内に補給するという方法もあるでしょう。シミの一種である肝班には、トラネキサム酸が効果があります。

また、ビタミンAやビタミンEなど、細胞の代謝を促進する成分をサプリメントで補給するというやり方もあるようです。

シミ取りには、色々な対処法があります。個々人の肌質や、シミの症状、程度に合わせて最も効率が高いと思われるシミ取りの方法を選び、実行することが大事です。

スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-1651046106118853"
data-ad-slot="3811960040">


シミ取りクリームは人気の美白方法

レーザーを使ったシミ取りの美容施術が、最近注目されていますが、一方では、クリームやローションを使うシミ取り治療も行われています。

ビタミンを含むクリームやローションで肌を白くする方法や、レチノールやハイドロキノンのような薬用のクリームやローションでシミ取りをする方法が知られています。

美肌成分であるビタミンは、お肌の新陳代謝を活発にする性質があります。

ビタミン入りのクリームやローションを使うのは、メラニン色素を肌の新陳代謝で体外に出してしまうためです。

ビタミンを配合したローションやクリームは、化粧品販売店で気軽に買うことができます。

皮膚科で、シミ取りを目的に処方されるものに、ハイドロキノンやレチノールを配合してあるようなクリームやローションがあります。

レチノールやハイドロキノンを皮膚に塗り付けることによって、シミの要因となるメラニン色素の生成酵素の働きを止めます。

メラノサイトを減らす効果が、期待できると言われています。

シミができる理由になっているメラノサイトを、クリームやローションで少なくしていきましょう。

シミ取りのためには、どうすればメラノサイトを減らせるかを考えることです。

シミ取りに効果的な、レチノールやハイドロキノンを配合したクリームは、病院の処方でもらえます。

皮膚科にかかるなどしてシミ取りクリームを利用し、肌のコンディションを整えましょう。

シミ取りの内服薬

トラネキサム酸の飲み薬は、シミ取り効果のある薬としてよく知られています。

トラネキサム酸が使われ始めた頃は、止血に使うものとして認識されていました。

トラネキサム酸は、シミの中でも肝班というホルモンの関わりでできてしまうシミに対して、治療効果が認められています。

トラネキサム酸がシミ取り効果を表すのは、3カ月が目安になります。

シミを解消するためには、トラネキサム酸を3ヶ月摂取し、3ヶ月休んだ後にまた3ヶ月飲むという飲み方をします。

この他に、シミ取りに効果があるという栄養素をサプリメントで取り入れるという方法もあります。

多くの人が利用しているサプリメントには、ビタミンCや、ビタミンEのサプリメントがあります。

日焼けによる肌への影響が気にかかるという人は、ビタミンサプリメントを意識して使いましょう。

ただし、ビタミン自体にシミ取りの効能があるわけではないので、サプリメントには即効性はありません。

ビタミンは、皮膚のターンオーバーを促進する作用があるため、皮膚の深層で新しい皮膚がつくられ、古い皮膚を排出する作用を高めることでシミを薄くします。

抵抗力アップ効果がビタミンには期待できるために、お肌にシミができないように作用する効果が期待されるといいます。

サプリメントや栄養素でシミ取り効果があるものもありますが、皮膚科で診察を受けることで、シミ取り治療薬が処方してもらえます。

医療機関で処方されるものは、治療を目的にしたものなので、効果が早い段階で確認できるでしょう。

皮膚科で診察してもらうのも、シミ取りの方法の一つです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑