ピーリング石鹸で肌トラブルをケアするとエステよりも経済的!

公開日:  最終更新日:2014/08/10

Pocket

ピーリング石鹸で美肌効果を得る


にきび跡やしみ、くすみ、しわなどさまざまな肌トラブルのある部分を酸で分解してしまうものが、ピーリング石鹸です。ケミカルピーリングは酸で肌をケアします。

自宅にいながらエステのようなスキンケアをしたい人は、ピーリング石鹸を利用するといいでしょう。

酸といっても、とても弱い酸性です。もし、エステに行かずに自宅のケアでピーリングをしたい場合は、ピーリング石鹸が役に立ちます。

エステのケミカルピーリングは、施術部位の様子を見ながら何回も通うことが前提で、その都度費用がかかります。

これが、ピーリング石鹸で済ませようとすれば、2000円程度の石鹸一つでできるのです。病院やエステでケミカルピーリングをしようと思ったら、かなりお金がかかりますが自宅でピーリング石鹸を使えば予算はそれほどかからないといえるでしょう。

ピーリング石鹸を使って毎日洗顔をするだけで、ピーリングの効果が少しずつ出てきます。普段どおりに顔を洗い、洗い流すことによって、表面の古い角質層を除去し、新しい皮膚を表に出すことが可能です。

できるだけ肌を白く見せるために、メイクでしみやくすみを隠しているという人もいます。メイクを厚塗りしなくても、ピーリング石鹸でにきび跡を改善することで、きれいなお肌になれるでしょう。

スポンサードリンク



ピーリング石鹸の使い方


お肌のしみ、くすみ、にきび跡などにピーリング石鹸がよいと言われていますが、どんな使い方をするのでしょう。

ピーリング石鹸を利用すると自宅でも気軽にケミカルピーリングをすることができます。ピーリング石鹸では、まず、気になる部分をマッサージして柔らかくしていきます。マッサージは皮膚を傷つけず、円を描くように指先を動かすことです。

ピーリング石鹸で肌理細かな泡をつくり、その泡を皮膚で転がすようにしながら汚れを包みとっていきます。強く皮膚を擦ると、肌を傷めてしまうことがあります。

目やクチの周囲はデリケートで薄い皮膚なので、泡を乗せるだけの洗い方を心がけましょう。キメの細かな泡をつくることがピーリング石鹸を使う時のコツなので、泡立てネットなどを使ってまず泡を立てるようにしましょう。

ピーリング石鹸を使う前には、あらかじめ顔をぬるま湯で濡らしておくこともポイントです。ピーリング石鹸は水に溶けやすいという性質がありますので、水をよく切って保管するようにします。

お風呂場の中にずっと置いておくと、湿気で形が崩れてしまいますので、しまう場所は別なところにします。

洗顔にピーリング石鹸を使い続けることで、古くなった角質層を取り除き、みずみずしい新しい肌をつくることがてきます。若々しい肌を守るために、ピーリング石鹸を活用していきましょう。


ピーリング石鹸のメリットと注意点


家にいながらケミカルピーリングができることから、ピーリング石鹸が注目されています。ピーリング石鹸にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ピーリング石鹸は古くなった角質層を除去してくれるため、ニキビ後も目立たなくできるといいます。

古くなった角質層をピーリング石鹸で除去すれば、新しい皮膚ができやすくなります。新陳代謝が活発になり、しみやそばかすも薄くなります。

しみ、くすみ、にきび跡などのお肌の悩みが、ピーリング石鹸で解消できます。ケミカルピーリングはエステや美容クリニックで受けることができますが、何回も受けなければ効果が実感できないので、手間も費用もかかります。

ピーリング石鹸なら、石鹸一つでできますので、お手軽な価格でピーリングケアができます。ピーリング石鹸を使う場合にはいくつか注意点があります。

もし、ピーリング石鹸を使っている時にお肌にピリッとした痛みを感じるようになったら、石鹸の泡はすぐに洗い落としてください。ピーリング石鹸は、商品によって酸の配合されている量が違います。

初めのうちは、酸の配合量が少なく、皮膚への負担が少ないものにしましょう。お肌が刺激の影響を受けやすくなっていることがありますので、ピーリング石鹸を使った後は要注意です。お肌を保護するために、ピーリング石鹸で顔を洗った後は化粧水などで保湿を行います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑