ヒアルロン酸でバストアップをする方法

公開日: 

Pocket

ヒアルロン酸注入によるバストアップは、エステでも多くの人が積極的に利用しています。美肌成分として、サプリメントなどでヒアルロン酸を摂取する人も多くいます。

ヒアルロン酸は、サプリメントやスキンケア用品にも多く使われていますが、バストアップにも活用されます。

ヒアルロン酸をバストに注射し、かさましをすることによってバストアップをするという施術が、ヒアルロン酸を使うバストアップです。

ヒアルロン酸を用いた豊胸手術といえるでしょう。バストにヒアルロン酸を注射するだけですから、とても直接的な方法です。

短い施術時間で、副作用のリスクもあまりなく、手術を受けることができることがいいところです。手軽にできるバストアップを希望する人に適した施術方法です。

かつては、バストアップといえば皮膚の一部を切開して、そこにシリコンのパッドを入れるものでした。バストアップにメスで皮膚を切る方法を用いると、入院なしではできませんので、どうしても大がかりになります。

急激なバストアップ手術をすると、周囲の人が変化に気づきやすく、整形手術をしたことが周囲に知れわたってしまいます。

ヒアルロン酸をバストに注入するバストアップでは、どのくらいバストを大きくするかが選べます。何回かに分けてヒアルロン酸をバストに注入することで、違和感のないバストアップをすることができるでしょう。

スポンサードリンク


ヒアルロン酸を使用したバストアップのメリット

バストアップにヒアルロン酸注入を行う美容施術のメリットは、どんなことがあるでしょう。

極細の注射針でヒアルロン酸を注入して行うバストアップなので、皮膚に手術の跡が残りません。皮膚を切り、シリコンパッドを挿入する方法の場合、手術後の傷跡がわからなくなるまで何カ月も手術痕が残ってしまったりします。

その点、ヒアルロン酸を注射する方法ならは、注射針で刺した程度の痕跡がしばらく残るだけです。

数カ月という期間だったとしても、皮膚に傷が残るということは不安になるのは無理もないことです。

ヒアルロン酸を注入してバストアップを行っても、痕跡がほとんどないのというのは、特筆すべき点といえます。ヒアルロン酸を注入するバストアップは、違和感なくバストサイズを増やせるという点も大きな利点といえます。

メスを入れて、シリコンや食塩水のパッドを挿入する方法は、手術後のバストが実際のバストと比べると形が変わるということがあるといいます。

入浴時や、あお向けになった時などにバストの動きが実際と異なることがあるという点が、パッドを入れる豊胸手術での注意すべき点です。人間の体は元来ヒアルロン酸を生成していますので、注入による増量も体に負担にはなりにくいといいます。

でき上がりが自然で、拒絶反応の心配もないため、ナチュラルなバストアップができることがヒアルロン酸注入のいいところです。

バストアップ施術にヒアルロン酸を用いる方法は、施術にかかる時間が短く、アレルギーや副作用のリスクもあまりないことが、安心して施術任せられる理由であると言われています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑