お肌の大敵 紫外線を避けよう!

公開日: 

Pocket

紫外線が肌によくない理由

美肌のためには紫外線予防が重視されますが、紫外線は肌にどんな作用があるのでしょう。紫外線を浴びたお肌は、どのような変化があるものなのでしょう。

紫外線とは、太陽の光の中に混ざっている特定の波長の光です。私達は日頃から紫外線を全身に受けていることになります。

太陽から降り注ぐ光の中には、目に見える可視光線だけでなく、紫外線と赤外線も常に存在しています。紫外線と赤外線はどちらも見えない光ですが、波長が長い方が赤外線であり、短いほうが紫外線です。

紫外線は、さらに紫外線A波と紫外線B波と紫外線C波という、三種類の波長に分類されます。紫外線C波は、UVCともいいます。

オゾン層で吸収されるため、大気圏を越える可能性を考える必要はありません。しかし、この頃フロンガスの影響でオゾンホールの存在が確認されていますので、いずれC波も考える必要があるかもしれません。

皮膚に赤外線が照射されても、肌を損ねたりはしません。しかし、赤外線て肌の表面温度が上がると、紫外線の影響を受けやすくなります。

紫外線が肌の状態をそこなう速度が、加速する可能性があるといいます。お肌を紫外線から守るためにも、紫外線を浴びる機会をできるだけ少なくすることが大事になります。

スポンサードリンク


紫外線が肌によくない季節

太陽から降り注ぐ紫外線が気になるのは、お肌の日焼けを意識する夏が多いようです。夏になると、店頭でもUVカット商品が目につくようにもなります。

紫外線が強烈になる季節は夏ですが、夏に限らず紫外線は肌に降り注いでいます。夏ほどの量ではなくても、年間いつでも紫外線はあるのです。

最も多いのは6月から8月ですが、3月に入れば紫外線は増加します。冬であっても、紫外線B波はピーク時の20%は地表に届いていますし、紫外線A波に至ってはその半分が地表に届いているといいます。

お肌を紫外線からガードしたいのであれば、夏出なくても紫外線対策を講じておくべきです。時期以外にも、紫外線の量が多くなったり少なくなったりする要因は存在します。

時間帯でも紫外線の量は違いますし、地域によっても紫外線量は異なっているといいます。太陽光の照り返しや、高さなどの要素によっても、紫外線の量は異なります。

旅行に行ったら思いがけず日焼けをしてしまったという人もいますが、これはいつもと違う場所で、いつもと違う活動をしているためという可能性もあります。

紫外線は、季節でも、時間でも、土地でも、それぞれの量があります。その時々で条件が異なることを理解した上で、常に紫外線への対策を忘れないことが、お肌を紫外線からガードするためには必要です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑