にきび跡クレーターの隠し方と治療法

公開日: 

Pocket

メイクで隠す

肌のへこみをメイクでカムフラージュするのはなかなか大変で、化粧で軽い色素沈着程度なら隠すことができますが、へこみはそうはいきません。

どうしても軽くメイクをする程度ではにきび跡が残ってしまうのは、お肌そのものが陥没していることが原因です。メイクをどのようにしたら、にきび跡のクレーターがわからにようにすることが可能なのでしょうか。

かえって目立つことにもなりかねないのが、ファンデーションを厚塗りしてカモフラージュしようとした場合です。

厚塗りしていることそのものが、パウダーファンデーションを使うと目立ってしまいます。化粧下地で陥没を隠す方法がおすすめだといえます。

肌の凹凸を隠してなめらかに見せることが、化粧下地をしっかりつけることで可能となります。フェイスパウダーには光を拡散する効果があるので、にきび跡のクレーターをカモフラージュできます。

クレーターが影を作りにくくなるのは、光沢のあるフェイスパウダーなら顔の影ができにくくなるからです。メイクを選ぶときは、毛穴隠し用のものにすると良いでしょう。加えて重要なのが、メイクの前のお肌のお手入れです。

肌を乾燥から守るためにも、丁寧に保湿をしましょう。結果的ににきび跡のクレーターは、弾力のあるふっくらしたお肌であればあまりわからなくなるでしょう。

スポンサードリンク


にきび跡クレーターの治療法

にきび跡がクレーター状になることが、にきびが悪化することによってあるといいます。化膿し、炎症を起こしたにきびがあると、傷ついてしまうのが皮膚の真皮細胞です。

たとえにきびが治癒しても、回復することはないのが付いた真皮細胞です。陥没のあるお肌になり、かなりのコンプレックスになる人もいるでしょう。

今までは、にきび跡のクレーターをきちんと治す方法は存在しませんでした。今では、重症のにきび跡クレーターでも、目立たないぐらいには改善することが、最新の治療法を使うことでできるといいます。

まずは皮膚科で診断をしてもらい、にきび跡がクレーター状になっても諦めないことです。正しい治療法は、クレーターの大きさや陥没の深さ、お肌の状態によっても違うと言います。

にきび跡のクレーター治療で皮膚科で行われるのは、症状が重くなければケミカルピーリングです。化学的に肌の表面をフルーツ酸などで削り、代謝を促すというのがこの方法です。

にきびの症状がひどい場合は、にきび跡クレーターをレーザーを照射して治療します。細胞の再生をレーザーの刺激で促し、にきび跡のクレーターを古い皮膚と新しい皮膚とを交替させることによってカモフラージュします。

どうしても治療費が高くなりがちですが、しっかりとした効果が期待できると言われているのが、にきび跡クレーターの治療なのです。


にきび跡クレーターの予防について

にきびをつくらないことが、にきび跡クレーターをつくらないためにはおすすめです。日々のスキンケアで肌を清潔にキープし、保湿をしっかりとすることで維持したいのが肌の良い状態です。

便秘解消もにきび跡クレーターの予防になるのは、便秘がちな体質はにきびを悪くさせるからです。毎日の生活習慣を見直し、健康にいい食事をすることで効果的なにきび対策ができるそうです。

にきび跡がクレーターにならないように、もしもにきびができてしまったら、なるべく早くお手入れしましょう。にきびの治療が症状がひどくならないうちにできれば、クレーターにはにきび跡も残らないのでなることはありません。

皮膚の常在菌であるアクネ菌が、にきびの要因です。アクネ菌を殺菌するにきびケア用品、自宅でのケアでは利用すると良いでしょう。にきびをとにかく膿まないように気を付けることで、にきび跡クレーターをつくるのを防ぐことができます。

おすすめなのは、市販されているにきびケア専用のスキンケア用品を使うことです。症状の進み具合によっては、にきびの治療を皮膚科でしてもらいます。にきび治療に有効な飲み薬や塗り薬を出してもらうのがおすすめです。

手でやたらと触ったり、潰して膿を出すようなことは、たとえにきびができてもやめたほうが良いでしょう。皮膚がにきびを潰すことでダメージを受け、にきび跡やクレーターがにきびがさらに悪化することで、できてしまうでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑