目の下のたるみとクマの予防

公開日:  最終更新日:2014/05/19

Pocket

シワやたるみの中でも、目の下のたるみは顔の中でかなり目立ちやすいものです。

実年齢よりもかなり老けて見られる要因となります。目の下のたるみは、顔の筋肉の衰えたり、コラーゲンなどの弾力成分が少なくなったことによって起こります。

マッサージなどで顔の筋肉の衰えを修復したり、弾力成分であるコラーゲンなどを補ったりすることができれば可能なのが、目の下のたるみを改善することです。

加齢による衰えも原因としてあるにはあります。

やめることなくしっかりと肌のケアを続けることが、肌の組織は毎日再生されるので重要になってきます。

目の下のたるみの原因の一つである顔の筋肉の衰えへの対策としては、やはり顔の筋肉を鍛えることが重要です。

どのようにしたら目の下の筋肉を鍛えることができるのでしょうか。

多くの人がマッサージを顔のお手入れといえば思い浮かべるのではないでしょうか。

それほどマッサージは顔の筋肉を鍛えるための方法としては良いものではないそうです。

足をいくらマッサージしても筋肉がつかないことから分かるように、大切なのはしっかり顔の筋肉の内部に働きかけることです。

非常に目の下の皮膚は薄いので、反対にマッサージを施すことによってたるみを伸ばしてしまっていることもあるので要注意です。

目の下のたるみの原因には、肌の衰えの他にたまった老廃物があげられます。

老廃物は、目の下の血行やリンパ液の循環が悪くなることによって蓄積してしまいます。

老廃物が排出しきれないことが、目の下にたるみができる一因です。

目の下にクマができたり、盛りあがっている場合もたるみ同様に警戒が必要です。

クマとたるみの違いとはなんでしょうか。クマとひとくちに言ってもタイプがあります。

疲れが溜まったり、睡眠がとれていない時は目の下の鬱血が皮膚越しに見えて青グマになります。

目をこすったことやアイメイクの刺激などが原因で色素沈着を起こしてしまっている状態を茶グマといいます。

2つのタイプのクマに対しては、血行を高める、質のよい睡眠をとる、ビタミンを意識した食事をするなどが大事です。

クマを消す効果が期待できることを、スキンケアの他にも行いましょう。

目の下にたるみができているために、たるみが影をつくって、ぱっと見にはクマのように見えることがあります。

目の下のたるみの原因は、乾燥による小ジワである場合と、表情筋の衰えである場合と二つが重なって起こっている場合があります。

クマなのか、たるみなのか見極めた上で目の下のケアを行いましょう。

スポンサードリンク


目の下のたるみを予防するにはどうしたらいいのでしょうか。

顔のスキンケアをするとき、目の際ぎりぎりまで水分を与えるように心がけている人はどのくらいいるでしょうか。

たるみが目の下にできないようにするには、乾燥を防ぐことです。乾燥させないためには、保湿を入念に行うことでしょう。

きちんと保湿を行っているという人でも、目の周りは乾燥しがち、と言う人は少なくないのではないでしょうか。

ケアが行き届いていないことが、スキンケアを施しているつもりが乾燥が進む原因となります。

目もとや口もとは避けて使用するように但し書きがない限りは、目に入らないように注意して丁寧にお手入れをしましょう。

目の下のたるみ予防には、エクササイズも大切です。

眼の玉を囲んでいる脂肪細胞が、筋肉の減少などで抑えきれなくなると前に出てきてしまい、たるみになります。

目の回りでピンと張っていた皮膚は筋肉の衰えと共にゆるんでいますので、脂肪の重みに耐えきれずに下にたるんでしまいます。

目もとの筋肉を活発に動かすエクササイズを行うことにより、目の下のたるみを予防しましょう。

近年注目されている方法は、ヘッドマッサージで目の下にできたたるみをなくすというものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑