顔のしわを消すにはヒアルロン酸を注入するのも1つの方法!

公開日: 

Pocket

ヒアルロン酸注入とは

年をとるごとに顔のしわが目に付くようになってきたという人は多いです。中でも目立ちやすい顔のしわは、みけんや目尻、ほうれい線ですね。

高い保水力をもつヒアルロン酸を注入してしわを改善するという方法が人気なのは、しわやたるみに多いに関わっているのが皮膚の乾燥だからです。

ヒアルロン酸を皮膚に注入する施術がヒアルロン酸注入で、非常に細い注射針を使って、年齢によって減ってきたヒアルロン酸を入れていきます。

しわの気になる部分の肌の保水力を高め、肌をふっくらとさせてしわを目立たなくするのです。うまくヒアルロン酸を使い分ければ、浅いしわでお深いしわでもでもカモフラージュできます。

本来ヒアルロン酸は体の中に存在している成分ですので、美容施術としては安全で拒否反応などがないといいます。

本来は点眼薬や関節の治療薬として使用されてきたヒアルロン酸の特徴は、なんといってもその保水力です。フェイスラインを整える整形法として、今では技術が進んだことにより、認可されているのです。

美容法としてヒアルロン酸注入は欧米でかなり人気が高く、わが国でもプチ整形ということで今話題になっているそうです。

へこんでいると険しい印象をあたえるこめかみにヒアルロン酸を注入することもできます。ふっくらしたこめかみをヒアルロン酸注入で作ることで、イメージが柔らかくなります。

スポンサードリンク



ヒアルロン酸注入の方法

ヒアルロン酸注入の施術を受ける場合には一つの施設に最初から決めてしまわず、ひとつの情報が正しいと思いこまないようにすることが大事です。

数か所の候補を決定し、実際に相談に出向きましょう。いくつかの施設をまわることが、手間はかかりますが大切です。

施術内容だけでなく料金体系やアフターフォローの内容も確認します。ヒアルロン酸注入を受け施設を決定したら、やヒアルロン酸の量や注入する箇所など具体的なことを決定していきます。

10分程度で施術そのものは終了します。あらかじめきちんと洗顔し、しるしをヒアルロン酸を注入する部分につけるなどが、必要な準備となります。

痛みを感じたくない人は、クリームや麻酔テープを活用し、施術した部分を、内出血の予防や痛みを軽減するために冷やしたりします。ヒアルロン酸の注入をするときは、様子を見ながら進めます。

我慢できる範囲内のようですが、少しは痛みもあるでしょう。注入の状態を確認し、納得がいけば終了です。

アゴや鼻への注入であればマッサージを施し、腫れや内出血を予防するためしばらく冷やします。施術をした後は、肌への刺激を極力抑えるように気を使います。ただし、化粧や入浴も大丈夫なので、それほど神経質になる必要は無いようです。



ヒアルロン酸注入の注意点

どんなことに気を付けてヒアルロン酸注入の施術を受けたら良いのでしょうか。永久にヒアルロン酸注入の効果が続くのではなく、数か月ぐらいしかキープできないことを踏まえて施術をうけなければなりません。

ヒアルロン酸は体内に注入されると、ゆっくり長い期間をかけて吸収されていくという特徴があります。そんなに体への負担はないというヒアルロン酸注入ですが、お金の面では効果がなくなるごとに施術していてはけっこうな出費になるはずです。

何度も皮下注射を繰り返した結果、ヒアルロン酸が皮下組織かする可能性もあります。アレルギーのリスクは、体内にもともとヒアルロン酸はあるものなので、アレルギーが起こる可能性は多くありません。

肌が薄く毛細血管が多い目の回りなどは、内出血が起きることが、血管を傷つけてしまうことによってあるでしょう。中にはヒアルロン酸注入の施術後、痛みや腫れが出て治るまで時間がかかったという人もいるようです。

ヒアルロン酸注入を高いスキルをもつクリニックの医師から受けられなかったため、注射の痕が残ってしまう場合があるようです。皮膚の浅い層に分子量の大きなヒアルロン酸を注入したことが原因で、肌に凹凸ができてしまうこともないとはいえません。

何らかの不都合が起きても、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまえば問題はおさまります。実際にヒアルロン酸注入を受けるときに大事なことは、前もって避けられるリスクに対する対策を講じておくことです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑