フォトフェイシャルでしみやしわを改善しよう

公開日:  最終更新日:2014/06/29

Pocket

フォトフェイシャルでは特殊な光を肌にあてることで肌のしみを薄くしていきます。医療機関に行けば、フォトフェイシャルでのしみ取り施術が受けられます。

お肌への負担が少ないことも、フォトフェイシャルのいいところです。レーザーのような高刺激ではありません。効果を及ぼしたい部分に光をあてるのがフォトフェイシャルの方法なので、広く光を照射してシミ取りを一気に行えます。

つやとハリ、潤いが戻ってくるのです。しみだけではなく、フォトフェイシャルはいろいろな症状に効果があるのもメリットです。

フォトフェイシャルはお肌を引き締めて毛穴の緩みを引き締め、細かなしわを目立たなくし、赤ら顔を改善する効果があるといいます。

メラニン色素はお肌のしみやそばかすをつくる物質てすが、ここにフォトフェイシャルの光があたると反応してメラニン色素を壊します。

肌の繊維芽細胞の働きがフォトフェイシャルの光によって高まり、コラーゲンが多くつくられるようになって肌の状態が改善されます。しみ対策にもいいですが、フォトフェイシャルはしみやくすみが目立たない、白くてなめらかな肌になるための施術でもあります。


スポンサードリンク



フォトフェイシャルはしみに効果があるスキンケア

フォトフェイシャルはしみやしわに効果があるスキンケアとして最近人気があります。フォトフェイシャルの効果とはどのようなものなのでしょうか。

IPLという特殊な光を照射することで肌の新陳代謝を促進し、肌トラブルを解消するのがフォトフェイシャルの基本的な方法となります。お肌のしみだけでなく、小じわ、たるみ、毛穴の開きなど様々な皮膚トラブルに対応することができます。

肌のくすみやしわを解消する他にも、たるみを引きしめてすっきりとした肌にするなど、美肌効果や保湿効果も得られます。しみやそばかすに対してレーザー治療を行う場合、狭い範囲に集中的に効果を及ぼすような施術をします。

肌そのものの細胞に働きかけて活性化し、肌本来が持っているみずみずしさを自然に引き出すことができるのもフォトフェイシャルの特徴です。

フォトフェイシャルで照射した光は、しみやそばかすの元になっているメラニンに直接働きダメージを与えます。

フォトフェイシャルを行うと、メラニン色素が皮膚から浮き出てきます。しかし、その後皮膚の新陳代謝が行われると、いらなくなったメラニン色素は皮膚から取れていきます。

しみにいいだけでなく、フォトフェイシャルはにきびやにきび跡、毛穴のタルミ、赤ら顔などの改善効果も期待できます。フォトフェイシャルはしみを目立たなくするだけでなく、お肌のいろいろな悩みの解消効果が期待できます。



フォトフェイシャルの美肌効果と副作用について

フォトフェイシャルの施術を肌のしみや小じわ対策で、受ける人が最近増えています。さまざまな美肌効果のあるフォトフェイシャルですが、副作用は無いのでしょうか。

マイルで刺激が小さいことが、フォトフェイシャルの光の特徴です。肌表面を傷めず、施術から肌が落ち着くまでの間も短いことから、肌へのダメージはほとんどないそうです。

けれど、絶対に問題は起きないという言い方は不可能です。お肌がヤケドに似た症状が出る人もいます。これは、フォトフェイシャルの波長が強力すぎるためです。

肌をフォトフェイシャルで傷めてしまわないためには、確かな実績や経験がある医療施設で施術を受けるといいでしょう。またフォトフェイシャルを受けて、しみを改善したいと思ったら、しっかりと施術前のカウンセリングを受けることも重要です。

医師のスキルや経験によっても得られる美肌効果には差があります。十分な実績がないところでフォトフェイシャルを受けると、アフターケアで行き届かないところがあるなど、問題が生じたりします。

日焼けが濃い人、妊婦さん、アトピーなどで肌荒れがひどい人などは、フォトフェイシャルを受けるとよくない効果が出ることがあります。少なからず肌への負荷はかかるので、お肌が刺激に弱い状態になっている人はフォトフェイシャルは要注意です。

施術後に悔やむことがないように、フォトフェイシャルを利用する時には、医療機関の口コミ評価や体験談を調べるなどしてから判断しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑