30歳代からの転職を成功させるためのコツ

公開日:  最終更新日:2014/06/27

Pocket

30代になってから転職をしたいと思い立った人が、まずすべきことはどんなことなのでしょう。30代という年齢が、転職に以外と響いてきます。

29歳と30歳の差は、なかなか軽視できるものではありません。今までは求人情報に年齢制限があるのは当たり前でした。

法律の改正で表向きには年齢で求人を行うことは難しくなりましたが、企業側も若い人がなるべく応募してくるような求人広告を考えていたりします。

募集年齢が明記されていなくても、求人内容を読んで、求めている人材の年齢の幅を推測することも必要です。30代での転職が絶対に不可能だというわけではありません。30代でも求人広告をしっかりと読み取り十分な対策をとれば転職をすることはできます。

何ができて、どんな実績を持っているかをはっきりさせることが、転職成功のコツです。30代の転職は、それまでの技術や実績をいかに相手にアピールできのるかという点にかかっています。

30代の場合には10年以上も仕事をしてきているという経験があります。どんな人でも何らかのセールスポイントがあるはずです。同僚にアドバイスしてもらったり、相談してみるのも良い方法です。

30代では、30代にしかない強みがありますので、その点を全面的に押し出せば20代と差をつけることができます。30代でも転職をしたい人はあきらめずに求人を探してみることをおすすめします。


スポンサードリンク



30代で転職をすることは難しい面もあるかもしれませんが、方向性さえ間違えなければ、十分に成功の目は期待できます。30代の転職で、心がけたいことは一体何でしょうか。

30代からの転職を考えるときには何と言っても過去の経験を生かすことがポイントです。今の会社やこれまでの仕事でどんな経験をしてきたのかを具体的にアピールしましょう。

営業の仕事をしてきた人なら、契約数や、どんな成績を上げてきたかなど、イメージしやすい表現を使いましょう。自分1人の成果としては目に見えるものがないという人もいるかもしれません。

自分が所属していたチームの成果を伝えましょう。チームの業績を伝えた上で、その中で自分の担当していた部分を言うようにしましょう。過去の実績を話す時に、会社内部の情報をリークしないようにしましょう。

過去の経験では良いことばかりではないかもしれません。マイナスからどうやってプラスに転じたかなどのストーリーは30代の転職に効果的です。

既に社会人として働いているということが、20代にはない、30代の転職活動のポイントです。上手に経験をアピールすることができれば30代でも十分に転職のチャンスをつかむことができるのではないでしょうか。


まだ若かった時の転職活動と違って、30代に入ってからの転職にはその時なりの注意点があります。会社としては、30代の人を新しく採用する以上は、年齢相応の社会常識を持っている人を求めます。

面接での会話の受け答えや志望動機があまりにも自己中心的で幼稚なものにならないように気を付けましょう。採用担当者はたくさんの面接をしてきていますので、適当な返答はすぐにぼろが出てしまうでしょう。

服装や装飾品、道具類についても、30代の転職では気をつけなければいけません。いつも着ているちょっとくたびれたスーツやサイズが合っていないスーツを着て面接を受けることのないように身だしなみのチェックもしておきましょう。

マナーを損なうことのないようにすることも大事です。30代であれば、社会人としてのマナーを知らない方がおかしいと思われるためです。面接の場では、30代の求職者の場合、今の経済や社会絡みのテーマで話す機会もあるといいます。

あまりにも世の中の動きに疎いと30代の社会人として信用されません。普段からしっかりと新聞などに目を通し、時事問題にも関心を持つように心がけましょう。

やる気と意気込みだけでは、30代の転職は成功しないでしょう。30代の転職は大人としてふさわしいマナーや常識が身についていることが前提となることを忘れないことが大切ではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑