家を建てるときは住宅ローン減税を活用しよう!

公開日:  最終更新日:2014/06/20

Pocket

住宅ローン減税とは住宅ローンの返済負担を軽減するために、住宅ローンを利用して返済途中にあるような人が、所得税を控除してもらえるというものです。

利用できる限りの住宅ローン減税を利用すると、10年間は控除を受けつづけられますので、金額も相当額です。どんな人が住宅ローン減税を利用できるかは、条件があります。

家の受け渡しが終わってから6カ月以内に住んですることや、登記面積が50平方メートル以上あることなどが条件になります。

その年の収入が3000万円より低いことや、床面積の半分以上を本人の住居として使用することなどで、これらをクリアしなければなりません。

この他、住宅ローン減税の条件には、ローンの返済に10年以上かけていること、住宅金融支援機構や、民間の金融会社から住宅ローンを利用していることがあります。

住宅ローンは、10~35年はかかる、借入機関のとても長いローンです。月々の返済も大きく、家計を圧迫する割合は意外と大きなものになるケースが多いようです。

返済の負担を少なくするために、ぜひ住宅ローン減税を使っていきましょう。住宅ローン減税を利用することで、住宅ローンが返しやすくなり、日本経済がトータルで活溌に動くようになります。

スポンサードリンク


住居を買う人の多くが、住宅ローンを利用するのではないかと思います。その時には、住宅ローン減税が役に立つでしょう。

もしも住宅ローン減税をしたいなら、減税に必要な手続きは自分からしなければ、利用することはできません。一定のハードルを突破しなければ、住宅ローン減税は利用できません。

購入した住居に住んだ直後の確定申告に所定の書類を提出することで、住宅ローンの減税制度を使うことができます。事前に幾つかの書類を用意しておかなければ、住宅ローン減税の制度を利用することはできません。

まずは、住宅ローンの残高証明ができる書類が必要です。また、売買契約書の写しと、購入した家の登記簿謄本が必要です。

事前にどんな書類が必要なのかをリサーチしておき、適切な手続きができるようにしておきましょう。1年で50万円の控除が、住宅ローン減税では受けられます。

工夫次第では、住宅ローン減税の控除額を大きくすることができるということもあります。住宅ローン減税の計算をする時は、世帯内で収入がある人数の影響を受けます。

結果的に幾らになるかは、確定申告書から判断できます。もしも、夫婦のどちらも住宅ローン減税に該当するならば、連帯保証人ではいけないことに注意しましょう。

住宅ローン減税を利用できるかどうかは、様々条件を全て満たしていなければなりませんので、家を選ぶ時に確認しておく必要があります。


住宅ローン減税の注意点

住宅ローンを利用した人が、幾つかの条件をクリアすると減税措置を利用することが可能です。減税制度を賢く使うことで、長期間におよぶ住宅ローンの返済を少しでも楽にしたいものです。

とういった点に配慮をすればいいでしょう。登記面積が50平方メートル以上であること、住宅ローンの対象となっている建物の半分に本人が住むことなどがあります。マンションを買おうと思っているならば、気をつける必要があります。

マンションの部屋の広さは、測り方によって変わります。壁芯面積と、内法面積のどちらで測った広さなのか、チラシを確認する時にはチェックしておきましょう。

壁芯面積50平方メートルの場合、内法面積は50平方メートルより間違いなく狭くなってしまいますので、住宅ローン減税の対象外になることがあります。住宅ローン減税では、買うことになる家の全ての面積が情報として必要です。

また、夫婦などが一緒に住宅を購入した場合、半々の面積をそれぞれが保有しているというあつかいになります。夫婦で購入面積を折半しているために、住宅ローン減税が使えないという事例もあると言われています。

家と建物を個別に買ったという時も注意すべきことがあります。住宅ローン減税を利用するためには、土地を購入してから家を建てはじめるまでの期間が2年以下であることや、土地や家を抵当権に入れた住宅ローンにする必要があるといいます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑