膝や腰の関節痛にグルコサミンサプリメントを飲んでみよう!

公開日:  最終更新日:2014/06/19

Pocket

関節部がきしんで痛いという人は、サプリメントでグルコサミンを摂取してみてください。グルコサミンサプリメントの効果を最大限に活かすためにはどのように摂取したら良いのでしょうか。

変形性関節症の人は、グルコサミンを1日に1500mg摂取するといいようです。グルコサミンが体内で不足し、軟骨がすり減ってしまっています。1日1500mgのグルコサミンが必要なのは、関節が痛いという人に対しても言えます。

正座や階段移動の際に膝が痛むという人は気をつけましょう。1日に1500mg以上のグルコサミンを摂取できるように、グルコサミンサプリメントを選ぶ時は配合量を成分表示欄などで確認する必要があります。

一粒につき配合されているグルコサミンが多いサプリメントを探すことで、グルコサミンを効率的に摂取できます。薬ではなく食品としてサプリメントは販売されていますので、グルコサミンサプリメントを飲む時間はこれといって決まったものは設定されていません。

体内に入ったグルコサミンは30分~40分程度で体に吸収され効果がゆるやかに下降していきます。日に数回、サプリメントを飲む時間をもうけること体内の濃度が安定します。

2週間もグルコサミンのサプリメントを使い続けていると、関節の痛みが感じづらくなるとされています。人によっては、痛みを感じにくくなった時点でサプリメントを終わらせてしまうようです。

1日の摂取量を減らしながらでも、グルコサミンサプリメントを使い続けた方がいいようです。

スポンサードリンク


グルコサミンのサプリメントを選ぶ時には、より品質のいいものにしたいと思う人は多いようです。医師から処方される薬と違って、グルコサミンは生まれつき体内に一定量存在します。

過剰摂取でもトラブルが少ないことが、嬉しいところといえます。加齢と共にグルコサミンは生成されづらくなるため、サプリメントで補給するのは意味があります。1日に1500mg以上が、グルコサミンの摂取量としては好ましいといいます。

毎日きちんと必要量のグルコサミンを摂取するつもりなら、サプリメントを活用するのは理に叶っています。良いサプリメントを選ぶためにはまず成分表示をきちんと見ておきましょう。

どの商品であっても含有量の多いものから順番に記載されています。もしもきちんとしたグルコサミンサプリメントなら、一番最初か、二番目にはグルコサミンの名称があります。

成分表示欄の五番目辺りにグルコサミンと書かれてたグルコサミンサプリメントは、その名称に疑問の余地があると考えた方がいいかもしれません。

サプリメントなどでグルコサミンを摂取する時に、一緒にコンドロイチンも補給すると効果がアップします。コンドロイチンを配合したグルコサミンサプリメントもあります。


サプリメントでグルコサミンを摂取している人が増えています。グルコサミンのサプリメントとはいったいどのようなものなのでしょうか。

グルコサミンとはアミノ酸の一形態で、人体で生成されているものです。軟骨や靱帯に普通に存在する栄養素であり、体を動かしても関節が体内でぶつかったりしないように作用するものです。

人間の体に存在するグルコサミンは40才がピークで、それ以後は少しずつ減っていくのが一般的です。膝軟骨や腰軟骨はよく使う部位なだけでなく、加齢と共に特に少なくなりますので、体内だけでつくるグルコサミンでは不足気味です。

関節と関節がぶつかりやすくなるために、膝や腰に痛みが生じるようになります。痛みを無くすためには軟骨をすり減らさないようにするしかありません。グルコサミン量が加齢に伴い低下するのは、仕方ないことです。

グルコサミンサプリメントを使って、加齢と共に足りなくなるグルコサミンを補給してあげるといいでしょう。

軟骨がすりへって腰や膝の痛みが生じている場合、グルコサミンのサプリメントを使うことで軟骨の再生材料を体にプラスすることができるようになるわけです。

年を取るにつれ膝の痛みが目立つようになってきたという人は、グルコサミンを補給するためにサプリメントを使ってみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑