フェイスリフトで若返りをやってみよう!

公開日:  最終更新日:2014/06/18

Pocket

最近注目されているのが、若返り効果があるというフェイスリフトです。具体的にはどういったことをするのでしょうか。フェイスリフトとは美容整形外科で受けることのできる施術で、たるんだ顔を引き上げる効果のあるものです。

皮膚の乾燥や筋肉量の減少で、人の顔は年を取ると徐々にたるみます。皮膚にできたたるみを目立たなくするために、フェイスリフトによっほうれい線やまぶたのたるみを改善します。

フェイスリフト手術は一種類ではなく、何のために、どのくらいたるみ解消が必要かでも違います。顔の上側を引き上げたい場合、下を特に引き上げたい場合、顔の真ん中を引き上げたい場合によって、フェイスリフトの方法は違います。

目元の若返りや、額に深くできたしわを消すためには、顔の上半分に作用するフェイスリフトが効果があります。顔の下部のフェイスリフトは顔のたるみだけではなく頬から顎、首のしわ、たるみなどに効果があり、若返りすることができます。

年を取ると首のしわはことさら目立つようになりますので、若返りをしたくなります。首周りが気になる人は、若返りのために顔の下のフェイスリフトがおすすめです。

どのようなフェイスリフトをしたいかをカウンセリングの段階で伝え、どういった施術をしてほしいかをはっきりさせるといいでしょう。専門的な施設で相談してみることで、フェイスリフトでの若返り方法が見えてきます。

スポンサードリンク


フェイスリフトで若返り効果を得る人が多くなっていますが、どのような作用が期待できるのでしょう。若返りの治療法にはボトックスやヒアルロン酸注射、レーザーによるしわやシミ取りなどいろいろなものがあります。

大きな若返り作用が、フェイスリフトにあるといいます。年を取るとしわやたるみが増え、年老いて見えます。ほっぺたがたるんで下がったり、ほうれい線が深くなると年寄りに見えます。

たるみをフェイスリフトで解消することで、顔全体のイメージを一気に若返らせてしまうことができます。人によっては、フェイスリフトを行ったことで外見が10歳以上若くなったともいいます。

10歳の若返りの効果があるかどうかは、フェイスリフトを受ける人のたるみの程度や年齢にもよるといいます。50才から60才ぐらいの人は、よくフェイスリフトで若返りをしています。

肌のたるみが目立つようになった40代後半の人は、お肌の引き締め効果が如実に出るようです。フェイスリフト効果は、何歳の時点で受けたのか、元々の肌質がどうかなどでも差が出るものです。

フェイスリフトを受けてみたけれど期待したほど若返り効果が出なかったということがないよう、事前にカウンセリングで希望を通しておくことが大事です。


フェイスリフトを美容整形外科で受けるという人はたくさんいます。フェイスリフト手術とは、具体的にどういった処置を行うものでしょう。

フェイスリフトの手術で今主流になっているのが、SMAS法というものです。肌を上に引き上げる時に、SMAS筋膜という皮膚と接している筋膜も上げます。周りの組織ごと皮膚を引っ張り上げることによって、より長い期間に渡って皮膚のリフトアップを行うというやり方です。

耳の手前のシワから耳の後ろまでぐるりとメスを入れるのがSMAS法の基本的な方法です。たるみがある皮膚をSMAS筋膜ごと剥がして上部に引っ張り、不自然にならないように配置します。

余った皮膚は切り、縫いあわせればでき上がりです。脂肪ごとリフトアップができるのが、SMAS法のいいところです。手術の際には局所麻酔をするので特に痛みを感じることはありません。

手術に必要な時間は2、3時間程度ですが、施設によってまちまちです。1週間後くらいに抜糸がありますが、入院することはありません。10日から2週間くらい顔に腫れが出るという人がいます。

フェイスリフト後の状態には十分に注意をしましょう。どの程度若返り効果が現れたかは、3カ月後に腫れがきれいになくなって、顔がすっきりした時にわかります。

フェイスリフトを受けて顔の若返りを目指す場合には、施術後にどのようなケアが必要かなども加味した上で事前のカウンセリングを受けることが大事です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑