クレンジングジェルのメリット・デメリットと選び方

公開日:  最終更新日:2014/06/17

Pocket

日常的にクレンジングジェルを使うという人は、少なくないようです。クレンジングジェルとはいったいどのようなものなのでしょうか。何を使って化粧を洗い落とすかは、スキンケアの中でも重要な課題です。

普段はクレンジングを使わず、洗顔剤で化粧を洗い落としているという人がいますが、それでは十分に落ちません。石けんでは顔のほこりやよごれを落とすことはできますが、化粧品のようなオイル成分の多いものは落ちづらいためです。

クレンジングジェルは、半透明か透明のゼリー状のクレンジング剤になってしまう。拭き取り型のクレンジングジェルと、水でよくすすいで洗い流すことを前提としたクレンジングジェルがあります。

種類も洗顔料タイプ、高分子タイプ、オイルタイプの3種類となっています。クレンジングジェルの洗顔料型では、手のひらに乗せたジェル状のクレンジング剤をしっかり泡立てて、クレンジング用の泡にします。

植物由来の高分子化合物を主成分にしたクレンジングジェルが、高分子型の商品です。化粧汚れを顔から浮かせるために界面活性剤を使うものが、オイル配合のクレンジングジェルです。乳化させ、汚れを取り除くもので、洗浄力の高さがポイントです。

クレンジングジェルをメイク落としに活用することで皮膚をきれいな状態に保ち、スキンケアをしやすい状態にします。

スポンサードリンク



最近では、毎日のクレンジングにクレンジングジェルを使うという人が増えているようです。ジェルタイプのクレンジングは肌になじみが良く洗い上がりもさっぱりとして気持ちが良いのが特徴で人気の商品だといいます。

しっとりした洗い上がりがいいと感じている人はたくさんいるようです。たくさんの人が、クレンジング剤は肌にすんなりなじむことが、ジェルのいいところだと思っているようです。クレンジングジェルの保湿効果も評価されています。

クレンジングジェルを使ったクレンジングで気をつけたいことは何でしょうか。最近は改善されているとはいえ、乾燥しやすいリスクがあります。肌を強くこすっているために、クレンジングジェルで洗うと肌がつっぱるという人もいます。

特に以前オイルクレンジングを使っていた人は肌馴染みが遅いような感じがするのでつい擦ってしまうといいます。クレンジング剤を手の上で温かくしてから使用することで、肌になじみやすくなります。

皮膚につけた時は馴染みやすい感じがいますが、オイルクレンジングほどではないため、汚れとクレンジングジェルがなじむまでしばらく様子を見るようにすることが大事になります。

クリーム型のほうがジェル型より保湿がいいため、なるべく保湿に効果的なクレンジングジェルを選びましょう。お肌の状態が自分にとっていいクレンジングジェルを選択することです。


洗顔後の肌の感触がさっぱりしていて気持ちがいいという理由で、クレンジングジェルを使うという人は大勢いるようです。たくさん種類のあるクレンジングジェルの中からどのように良いものを選んだらよいのでしょうか。

含有成分に界面活性剤が使われているクレンジングジェルがあります。汚れ落ちの効果が非常に高いために、肌のバリア機能のために必要な皮脂や油分も取れてしまう場合があります。

肌が外の刺激に対して弱くなるのです。お肌の保湿効果を失ってしまうことがないように、クレンジングジェル選びでは水溶性高分子を使っているものがおすすめです。

そこそこの保湿効果があるので、クレンジングジェルで顔を洗っても皮膚が突っぱることはあまりないですが、洗い方や洗浄効果次第ではつっぱる場合もあります。肌に必要な潤いまで落とすことのないようなものを選択するべきでしょう。

ジェル状のクレンジング剤は、オイル状やクリーム状のものほど肌に残らず、水で十分に洗い流せた感覚が持てます。水でサッと洗い流せるクレンジングジェルにしたいものです。クレンジングジェル選びでは、水ですすいだ時の感触も大事です。

クレンジングジェルは日々のメイク落としに必ず使うものになりますので、お肌への刺激が少ないものにしたいものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑