ワキガの治療方法とクリニックの選び方

公開日:  最終更新日:2014/06/15

Pocket

ワキガを気にするという人は少なくないですが、有効な治療法は存在するのでしょうか。幾つかの治療法が、ワキガに関しては知られています。ワキガは、アポクリン汗腺から分泌される汗によるものです。

このアポクリン腺を除去するという手術法があります。ワキガは手術で治療を行う方法が一般的ですが、どんな手術をするのかは、ケースによって違います。薬物療法は、簡単にできるワキガの治療方法です。

制汗剤や、殺菌効果の含まれる薬剤を脇に塗ることで、雑菌の繁殖を抑え臭いを防ぎます。薬品を服用して体質を変えるものではないので、その時限りの効果しかなく、ワキガ体質が治療できるものではありません。

症状の重い人は、ワキガを制汗剤や殺菌剤程度では治療できません。薬品を注入して汗の分泌を止めるという治療法もあります。ボトックス注射と呼ばれるもので、多汗症の治療にも使います。

ボトックス注射が向いているのは、症状の軽い人や、多汗症でワキガでもある人です。多様な治療方法がワキガの対策にはあります。どの方法にもそれぞれ特徴がありますので、各条件を確認して、効果が期待できるそうなものを選びましょう。

不明点は医師に相談したり、クリニックでカウンセリングを受けてみるといいかもしれません。複数のクリニックでワキガの症状を診てもらい、どんな治療が向いているかを判断するのもいいでしょう。


スポンサードリンク



手術は、ワキガの症状を改善する決定的な手段になります。ワキガの治療法は色々ありますが、手術の効果は劇的です。実際の症状や、体質によっていくつかある手術の中から適切なものを選びましょう。

切除法は、ワキガの原因となる部分を取り除きます。切除法は、かつてはよく行われていた手術方法でしたが、人によっては再びワキガになる人もいて、最近は別な方法が使われています。

最近手術例の多い治療法は、削除法です。器具を患部に挿入し、汗腺と皮脂腺だけを除去するものです。皮膚を3㎝ほど切開し、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を確認しながら取り除く剪除法もあります。

剪除法は、ワキガの治療法の中でも成功率が高いと言われています。皮膚を数ミリ切除し、そこに器具を差して汗腺を吸引するという吸引法もあります。超音波を発する器具を穴をあけた皮膚から差し込み、汗腺を超音波で壊すという方法もあります。

ワキガの手術には、色々なバリエーションがあるといいます。クリニックでカウンセリングを受け、自分の希望やワキガの症状を判断した上て、どんな治療方法が適切かを知るといいでしょう。

手術方法を決めかねているという人は、ネットでワキガ手術の口コミ情報や、体験談のページなどをチェックすると、イメージが沸きやすいのではないでしょうか。ワキガ治療の手術に関心があるという人は、内容を知ることができるでしょう。



ワキガはクリニックで治療をしてもらう必要がありますが、クリニック選びに頭を悩ませているという人は少なくないと言われています。

納得のいくワキガ治療のためには、クリニックの実績や手術内容を知っておくことがポイントです。事前情報として、一般的なワキガの治療方法には何があるのかをチェックしておくことです。

どんな治療方法でワキガに対処しているか、クリニックによって違うこともあります。一度治療したワキガが再発するリスクはあるか、クリニックのワキガ治療実績はどの程度で、医師の評判はどういったものかなども、重要な判断材料になります。

クリニックが、強引に治療方法を勧めてくるというところは注意をする必要があります。クリニックに足を運んでみたり、電話問い合わせなどをしてじかに雰囲気をチェックしましょう。

対応がよく、気配りが行き届いているようなクリニックがいいでしょう。アフターフォローの範囲や、料金の仕組みがわかりやすいクリニックだと安心です。

保険が使える場合と、そうでない場合とがありますので、ワキガの治療を目的として手術を受ける時は、保険適用を確認しておくといいでしょう。

ワキガの治療前には、不安に感じることが多いものでしょう。信頼できるクリニックを見つけて、ワキガ治療を受けることができれば後は結果待ちのようなものですので、クリニック選びは大事です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑