高たんぱく低カロリーの豆腐を使ったダイエット方法

公開日:  最終更新日:2014/06/09

Pocket

ダイエットに、低カロリーで栄養がたくさんある豆腐の特徴を生かして活用する人がたくさんいます。1丁で200kcalしかない豆腐ですが、ある程度の満腹感もあり腹持ちもよい食品です。

ゆっくりと食後の血糖値が上がっていくので、ダイエットにはとても良い食品です。代謝アップになくてはならない筋肉をつくる材料になるのが豆腐に入っているたんぱく質で、植物性で質も良いものとなっています。

ダイエットには、適度な筋肉をキープし、代謝のよい体になることは有効だといえるでしょう。体脂肪や中性脂肪を減少させるダイエット効果がある豆腐には、大豆レシチンという成分が含まれています。

体のむくみ改善にも、血流改善作用もあるため効果があるといいます。大豆サポニンは、もうひとつの中性脂肪を減らしてくれる成分です。

脂肪細胞に中性脂肪がたまっていくのを抑えたり、中性脂肪と小腸から吸収されたブドウ糖が合成されづらくするのに有効だといいます。よりダイエットにぴったりの体質に、大豆サボニンを摂り続けることで脂質の代謝が良くなることでなれるといいます。

大豆には他にもダイエットを補助することができるビタミンやアミノ酸などの代謝を活発にづる成分がたくさん入っています。ビタミンは脂肪の燃焼には不可欠な栄養成分であり、アミノ酸は脂肪の燃焼を促すことができます。

賢くダイエットにぴったりの栄養がたっぷり詰まった豆腐を利用して、健康的にダイエットをしていきましょう。


スポンサードリンク



ご飯やパンなどの炭水化物を摂らずに、代わりに豆腐で食事をするというのがよくある豆腐ダイエットいうものです。一日のうちに一回豆腐を食べるというのが基本的な方法ですが、昼と夜の2食を豆腐に替えるなどの方法で、ダイエット効果をよりアップさせることが可能です。

豆腐には絹と木綿がありますが、食べごたえや満腹感という面から考えると、木綿豆腐がよりダイエットに適しています。毎日そのままの豆腐を食べつづけていると飽きてしまうので、手を加えたり、アレンジをして工夫してみましょう。

豆腐ダイエットでは、豆腐だけの食事というのはNGです。豆腐そのものに手を加えて、サラダや麻婆豆腐などにしたり、豆腐とおかずの組み合わせにしたりするのが良いでしょう。

豆腐ダイエットのコツは、豆腐を中心に海草や野菜と組み合わせて、栄養のバランスをが取れたメニューを工夫することです。ダイエットを体に負荷をかけずにするためには、週3回程度豆腐を使ったメニューにすることです。

かわりにおやつの甘いものを控えて豆腐を食べたり、積極的に身体を動かすなどの方法でダイエット効果を高めましょう。豆腐ダイエットでは水をたくさん飲んで、代謝を促進するなどの工夫も効果的です。



どのようなことに気を付けて、豆腐ダイエットを行えば良いのでしょうか。とてもダイエットに向いている食材である豆腐は、低カロリーで高たんぱくなものです。

しかし、あまり体に良くないのが、ダイエットに効果的だからといって豆腐ばかりを食べることです。良い食材である豆腐は、質の良いたんぱく質やビタミン、ミネラルがたくさん入っていますが、豆腐だけでは体に不可欠な栄養を摂ることはできないからです。

中でも気を付けたほうが良いのは、豆腐をおかず代わりにしてダイエットをしている人です。食物繊維や鉄分が豆腐ばかりを摂取していると足りなくなってしまいます。生理不順や貧血の原因になりやすので、特に鉄分の欠乏は要注意です。

便のかさが食物繊維が足りなくなると減少し、便秘の要因となるといいます。便秘はダイエットには絶対によくありません。実際に豆腐ダイエットを行う場合に必要なのは、鉄分や食物繊維を野菜や果物で摂取するようにすることです。

カロリーの低い食材である豆腐は、体重が豆腐ダイエットを始めてしばらくは調子良く減っていくように感じるのではないでしょうか。脂肪を貯め込みやすい体質になることが、十分なカロリーが食事から得られないと体は飢餓状態になることであるそうです。

リバウンドしてしまう場合が、体重が少しの間減少してもあるといいます。ダイエットに豆腐を利用しつつも、栄養バランスのとれた食事をすることが、豆腐ダイエットにとっては重要なことです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑