食欲を抑えるダイエットで成功する秘訣

公開日:  最終更新日:2014/06/08

Pocket

食欲を抑制した痩せたいという人は、実践してみるとその難しさに気づきます。健康や、体重を減らすために、食欲の抑制に励んでいるという人がいます。ダイエットなどでは食欲を抑制する事が、ダイエット成功には重要なことでもあるので、避けては通れないものです。

体重が増えて体に悪い影響が出ている場合にも、食欲を抑制し、食事内容を見直さなければならないケースもあります。高血圧、糖尿病の改善のためには、食欲を抑制して体脂肪を減らすことが、症状の改善になる場合があります。

なるべく炭水化物をを少なくしたメニューにして、食べる量だけではなく、内容までも制限したほうが良いということもあります。食欲を抑えることと同時に、栄養バランスのいい食事をすることも重視したいものです。

極端な食事制限は健康を害する恐れがありますので、食事を減らす場合もその内容が大事です。食欲を抑制するという事は、いろいろな意味で大切になってくるのですが、実際に食べたいという欲求を抑えるのは、なかなか難しいと言わざるを得ません。

おいしそうな食べ物を見たり、またその匂いに誘われて、食事の量が増えてしまう事は誰にでもあることでしょう。よほど意志の強固な人でなければ、食欲を抑制したいと考えていても、食欲をそそるにおいや、目の前にあるほかほかのごちそうを食べずにいることは難しいものです。

簡単に食欲の抑制が出来る方法があれば、誰でもダイエットの成功を手に入れることが出来るにちがいありません。


スポンサードリンク



偽食欲とは何かを認識することで、食欲の抑制がやりやすくなるといいます。食事を摂らずにいて肝臓のグリコーゲン量が少なくなることと、食欲とは密接なつながりがあります。グリコーゲンの減少に伴い血糖値が下がってくることで、空腹を感じるのです。

血糖値が下がると食欲がわいてくるということになります。本物の食欲とは違う食欲を偽食欲と呼びます。食事時間が来たから感じる食欲や、眼前のものが食べたいという欲求とは、成り立ちが違います。

食欲は、皆さんもよく感じた事があるのではないでしょうか。偽食欲の存在を知ることが、食欲の抑制を理解するための鍵を握っています。人は、生きていくために食欲を感じるようにできていますが、偽食欲は生きていくためのものではないので、従う必要は感じずともいいものです。

特に食欲を抑制する必要のない人ならば、いつ食べてもかまいません。何か目的があって食欲を抑制しなくてはいけないならば、まずは食欲を抑える必要があります。

偽食欲は、本当の空腹から来るものではありませんので、食べたいものを見ないなど、偽食欲を感じないような工夫が効果的です。食べたいと思っても実際にお腹がすいているかどうか、よく考えてみる事が偽食欲を抑制させる方法になるのです。


どんな方法で食欲は抑制することができるでしょう。比較的よく知られている方法が、炭酸水を飲むというものです。空腹気味の時でも、炭酸がたくさん入った水を摂取することで、単に水を飲むだけでなく、炭酸水でお腹を膨らませられます。

炭酸水は新陳代謝がアップする為、ダイエットなどにも効果的な方法です。あとは簡単に食欲を抑制する方法として、歯磨きがあげられます。歯磨きをした後は、口に歯磨き粉の風味が残っていてものを食べたいと思わなくなりやすく、食べても味が違って感じられてしまいます。

食欲を抑制する為に歯磨きを使う事ができます。ほとんどの人は自分の手近に歯みがきセット一式があるでしょうから、すぐに試すことができるやり方です。運動に抵抗感が薄い人は、ウォーキング、エクササイズ、スイミングなどか向いています。

軽く運動をすることで、食欲を抑制する効果があるといいます。運動をすると胃が刺激されて、働きが一時的にストップするために、食欲を抑える事ができます。運動をしている間は食欲をコントロールできますが、あとはやはり食欲が戻ってきてしまうので注意が必要です。

食欲を抑制すること自体は、さほど難しいことではありません。ダイエット中の方など体重を落とそうと考えている場合には、必要に応じて食慾を抑制する方法を使ってみることをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑