カミソリ クリーム 脱毛器 ムダ毛の処理はどの方法が良いのか?

公開日:  最終更新日:2014/06/03

Pocket

カミソリを使った脱毛

ムダ毛処理をカミソリでしている人はたくさんいます。費用も安価で短時間で済み、痛みもないのがカミソリ脱毛のメリットです。ムダ毛の再生サイクルが短いことが、カミソリによる脱毛のデメリットのひとつだといいます。


習慣として定期的に脱毛処理をしてしまえば、処理自体は簡単なのでそんなに難しいことではありません。カミソリで伸びたらそのたびに脱毛をするという処理の方法は、負担を肌にかけることになってしまいます。


カミソリでの処理は、ムダ毛の脱毛だけをしているつもりでも、同時に削ってしまっているのが皮膚の角質層です。かゆくなったり、カサカサしたりといったトラブルが、カミソリ負けした肌に起こります。


肌への負担は、誤ったカミソリの使い方をしていると、さらにかかるといえます。そのままお風呂場にカミソリを置いておくと、雑菌が繁殖するといいます。清潔を保つためにも、使っていない時のカミソリはしっかりと乾かしておきましょう。


カミソリで脱毛をする場合には、シャワーやお風呂の時が良いといえます。肌が清潔なときにムダ毛の処理ができますし、毛穴が温まって開きやすくなっています。清潔に剃る部分を保ち、泡やシェービングクリームをかならず利用しましょう。


大事なのはムダ毛の流れに沿って処理をすることです。ムダ毛処理では、かならずローションやクリームを仕上げに塗って保湿をすることが大切です。

スポンサードリンク



脱毛クリームでのムダ毛処理

たくさんの人が脱毛クリームを利用してムダ毛の処理をしているそうです。脱毛したい部分が乾いているときに、毛が見えなくなる程度に脱毛クリームをぬっていきます。


ムダ毛の処理が、決まった時間が経つまでしばらく待機してから、お湯やタオル、附属のコームなどで落とすことできるのがこの方法です。アルカリ性の化学物質が脱毛クリームの中には入っていて、ムダ毛の成分であるたんぱく質を溶かすことができるといいます。


使用後の肌のツルツル感が好きだという人もたくさんいるようで、目に見える部分のムダ毛を処理したいという人には良い方法です。皮膚より外に出ている毛を処理しているだけなのが脱毛クリームなので、すぐにまたカミソリで剃った時と同じようにムダ毛は生えてくるでしょう。


パッチテストといってまず皮膚との相性を確認することが、脱毛クリームを使うときには大事なことです。かならずクリームを塗る場合には、決められた量を守ることが大切です。決められた量よりもたくさんつけると、肌にダメージを与える可能性が高くなります。


保湿をしっかりと、脱毛処理を行ったあとは行ったほうが良いでしょう。ムダ毛の再生を、保湿と抑毛の効果があるローションをつけて抑制することができます。ムダ毛の処理をする場合には、脱毛クリームをうまく使って効率的にするのがおすすめです。



家庭用脱毛機での脱毛処理

近ごろ家庭用の脱毛機を使ってムダ毛処理をする人が増加しているそうです。光を使うタイプ、熱を使うタイプ、遠赤外線を使うタイプなどがあるのが家庭用脱毛機の特徴です。


時間や手間の消費も少なく、エステで行うムダ毛処理ほどお金がかからないで済むというメリットがあるのが、家庭用脱毛機の利点です。短い時間で、太ももや腕のような広い範囲の脱毛も、脱毛器があれば処理が簡単です。


家庭でVゾーンのムダ毛処理など、デリケートな部分もできるため、エステのように人に見られるのが恥ずかしいということもないでしょう。


家庭用脱毛機は、業務用脱毛機ほど効果はなく、たとえムダ毛脱毛がうまくいかなくても自己責任というデメリットはありますが反対にたくさんのメリットもあるといえるでしょう。

痛みが強くなったり、お肌にダメージを与える場合も、間違った使い方をした場合にはあるでしょう。どのくらい効果的に家庭用の脱毛機で脱毛ができるのか、信じられないという人もいるようです。


良い商品を選ぶためには、ネットの口コミ情報などを参考にして、きちんと性能の良いものを見つけることです。人によって異なるといえるのがその効果です。はっきりとした脱毛効果を得られるまではすこし時間が必要だと思って、ムダ毛処理を継続することも必要です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑