フォトフェイシャルのにきび治療

公開日:  最終更新日:2014/06/02

Pocket

フォトフェイシャルは特殊な光を利用することによって肌のトラブルの原因となるメラニンだけを抑え込みます。コラーゲンを生成する肌の細胞を活性化します。肌の凹凸やにきび跡の治療ができるのです。


にきびのないきれいな肌になるために、フォトフェイシャルを利用する人は大勢います。フォトフェイシャルの効果は、にきび治療だけではありません。肌の保湿力を高め、もっちりとした肌にする作用が、フォトフェイシャルにはあります。


にきびは、アクネ菌という皮膚の常在菌が分泌する物質が肌の炎症を起こしますが、フォトフェイシャルの光は、この分泌物質にダメージを与えます。フォトフェイシャルは治療時間が短いので、肌への負担が少ないといいます。


肌に優しい光を使うのでダウンタイムが不要であり、にきびの治療をした後でも、すぐにメイクをすることも可能です。レーザーの治療は部分的なものですが、フォトフェイシャルはにきび跡やしわなど、にきび以外の肌トラブルもまとめて治療します。


にきびやにきび跡がなかなか治らず悩んでいる人は、一度フォトフェイシャルについて検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク





最近は、にきびが気になる人がフォトフェイシャルを使っているようです。どんな仕組みで、フォトフェイシャルはにきびの症状を緩和したり、にきび跡を目立たなくするのでしょう。


フォトフェイシャルのメリットはなんといっても、にきび跡の治療をした際の肌への負担が少ないことです。従来のレーザー治療と比較しても、肌への刺激やダメージはかなり減っているといいます。


健康な皮膚にはフォトフェイシャルは影響はなく、しみやにきびがある部分だけ作用することが、フォトフェイシャルが肌に優しいゆえんです。フォトフェイシャルはにきび跡の治療だけではありません。


肌の代謝を活発にし、皮膚をリフトアップして毛穴を引き締める作用が、にきびのケアと同時にできることが、フォトフェイシャルの利点です。お肌のコンディションに合わせて、にきび跡やにきびだけの治療で済ませたいという場合も、フォトフェイシャルはできます。


フォトフェイシャルは治療時間が短いこともメリットです。顔全体で10~30分程度だといいます。レーザー治療のように治療後のダウンタイムが無いので、治療直後から洗顔や化粧をすることも可能です。


フォトフェイシャルは、施術部分に傷がつく心配もありませんし、皮膚が痛くなったり、何らかの弊害が出ることもないようです。にきびやにきび跡を無くしてしまいたい人は、フォトフェイシャルでの治療を試してみてはいかがでしょうか。



皮膚への負担が少なく、効果的なにきび治療ができるフォトフェイシャルは注目の美容法ですが、気をつけたいこともあります。レーザーでの治療のように、フォトフェイシャルも繰り返し受けることで初めて効果が実感できるものです。


ふつうは3週間くらい間隔を空けて、5回~10回程度の治療を受けることになります。すべての治療期間は3か月から7か月くらいになるので注意しましょう。治療回数が多いということはそれだけ費用がかさみます。


1度のフォトフェイシャルの費用は、顔全体に施せば1~5万円ぐらいとなります。治療効果が見られたことで最後までやり通すことになるとかなりの治療費になるでしょう。にきびのためにフォトフェイシャルを使うという人は、費用負担の見通しを明確にしておくことです。


体調やお肌の状態によっては、フォトフェイシャルは受けない方がいいという人もいます。妊娠中の人やアトピー性皮膚炎の人、光線過敏症の人、日焼けがひどい人などは治療を受けられません。


フォトフェイシャルの優しい光でも刺激が強すぎるので治療を受けることができないのです。美容クリニックに実際に足を運び、カウンセリングを十分に受けることで、フォトフェイシャルでのにきび治療の方法が見えてくるものです。


スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑