朝バナナダイエットの効果とバナナの栄養

公開日:  最終更新日:2014/05/05

Pocket

一時話題になったダイエット方法である朝バナナダイエットとはどんなものでしょう。朝バナナダイエットには何パターンかあります。


その中でも、お昼時のテレビ番組で紹介された、手軽にできる朝バナナダイエットは以下のようなものです。朝ご飯の代替として、バナナを食べて水を飲むという方法でダイエットをします。


昼ごはんや夕ご飯に食べるものは決まっておらず、効果を高めるには運動をするといいようです。どうして、朝バナナダイエットは体重を減らすことが可能なのでしょう。


脂肪を効率的に消費するには、糖質分解酵素が多く代謝促進効果のあるバナナは優れた食品です。朝は体の中の酵素が減少気味なので、バナナのような糖質分解酵素の高い食品が代謝を促進してくれます。


抗酸化作用の高いバナナを継続して取り入れることで、体内の細胞を元気にさせて新陳代謝を向上させます。ビタミンが多く含まれていることもバナナのメリットです。朝バナナを食べることで、脳の働きも活性化されます。また、バナナにはたっぷりと食物繊維が含まれています。


食物繊維は腸の働きを良くしお通じを促すので、ダイエットに効果的な成分です。バナナは優れた食品で、ダイエット以外の側面も役に立つようです。


例えばバナナが含有する2-ペンタノンは大腸ガンの抑制効果が期待できます。簡単にできる朝バナナダイエットで、理想のプロポーションになってみたいものですね。


スポンサードリンク






朝バナナダイエットの効能

朝バナナダイエットによってバナナを摂取すると、どんな効果が身体にもたらされるのでしょう。バナナには、血中に溜まっているコレステロール値を下げてくれる働きがあります。


バナナにはセロトニンが含まれているので、辛い偏頭痛を軽減する効果も期待できます。また、体内の免疫力を上昇させます。メタボリックシンドロームが気になるという人は、朝バナナダイエットで健康増進に努めてください。免疫力をバナナによって高めたいという時、バナナの選び方にはポイントがあります。


黒いまだらが少し出てきたくらいが、身体の免疫をつけてくれる食べ頃バナナです。バナナの斑点は、5~6個出て来た時が食べ頃です。バナナを上手に熟成させる置き方は、山型に置く事で、谷型にバナナを置くと、底の方が重みで傷んでくるので注意しましょう。13.5度以下の温度はバナナには不向きです。


バナナは熱帯産の食べ物なので寒すぎる場所では熟成せず腐ってしまいます。熟成させるには常温保存が最も適しています。安価な費用で、ほとんど時間もかけず、辛くないダイエットが可能な点が朝バナナダイエットの利点です。


朝バナナダイエットは、誰でも簡単にできるダイエット方法なので人気があるのかも知れません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑