コーヒーで痩せる?コーヒーダイエットの効果を発揮する方法

公開日:  最終更新日:2016/03/25

Pocket

数あるダイエット方法の中でも、ダイエットコーヒーは有名です。健康増進のためにダイエットをするという日本人は増加傾向にあり、ダイエット方法も色々生み出されています。ダイエットとはきれいになりたい女性の専売特許とされていた時代もありました。


年を取っても健康に生きていくために、メタボ予防、内臓脂肪の解消を目的としたダイエットをする人が増えてきたことで、性別や年齢に関係なくダイエットに挑戦する人が増えているようです。体重を減らす方法は実に様々です。


食事量を抑制するダイエットや、一種類の食品のみを食べ続けるダイエットや、指定した食品を断つダイエットなどです。食べ物からのアプローチに限らず、運動によるダイエットもあります。


ウォーキングやスイミングなどは効率的に脂肪を燃やしてくれます。中には、オリジナルのダイエット方法を作り出して、世界に1つだけの方法でダイエットをしている人もいるでしょう。


コーヒーダイエットは、そのような数あるダイエット方法の1つです。コーヒーダイエットでは、ダイエット手段としてコーヒーを用います。ダイエットコーヒーはダイエット向きのコーヒーとして開発されています。


ダイエットコーヒーは普通のコーヒーとは含まれている成分に大きな違いがあり、ダイエットコーヒーは豆にかなりこだわりを持っているようです。ダイエット目的にコーヒーを飲む場合、ダイエットコーヒーとそれ以外のコーヒーにどのような差があるかにも着目しましょう。無糖タイプのコーヒーでダイエットをしている人もいますが、どのコーヒーにするかは意外と重要です。


スポンサードリンク




ダイエットコーヒーの成分

どのような成分が、ダイエットコーヒーには含まれているでしょう。焙煎という過程を経て、コーヒー豆は作られます。薄い緑色のコーヒー豆は、焙煎することでコーヒー色のコーヒー豆になります。


焙煎前のコーヒー豆は、いくらひいてもコーヒーにはなりません。焙煎という過程を経ることで、ようやくコーヒーの材料になります。コーヒーに含まれる成分や味わいは、この焙煎の方法によって大きく変わります。ダイエットコーヒーは多くが浅焙煎された豆を使用しているのが特徴です。


コーヒーに含まれるカフェインの量を考えた場合、焙煎によってカフェイン成分が失われてしまうことから、ダイエットには浅焙煎が用いられます。ダイエットという点から考えた場合、カフェインを多量に含むものの方が体脂肪を燃焼させる効果が期待できるようです。


浅煎りの焙煎と深入りの焙煎のコーヒー豆を細かく分析した時、それぞれが含むカフェインの量の差はあまり大きくないという研究もされていますが、ダイエットのためには、できる限りカフェイン量の多いコーヒーを飲んでダイエットコーヒー効果を得たいものです。そのため、ダイエットのためにダイエットコーヒーを選択する場合、よりカフェイン量の多い浅焙煎にしたいと考える人は多いのではないでしょうか。


この他にも、ダイエットに役立つクロロゲン酸は焙煎前のコーヒーに多く含有されていることからも、ダイエットコーヒーに浅煎りが使われます。コーヒーでダイエットを始めるのなら、脂肪の燃焼を助ける作用があるクロロゲン酸とカフェインを多く含んだコーヒーを購入することをおすすめします。



ダイエットコーヒーの飲み方

ダイエットコーヒーをただ飲んでいれば、ダイエットができるという考えは正しくないようです。ダイエットコーヒーを飲むようになったことで、これまで日頃から飲んでいた砂糖の多いジュース類を断つことができたなら、ダイエットにはいいでしょうか。


しかし、元々砂糖分の多いジュースを飲む習慣がなかったという人は、このような条件にあてはまりません。食事前のコーヒーもダイエット効果が期待できます。コーヒーは食欲をセーブすることができるので、食べ過ぎを防げるのです。


ダイエットにコーヒーの影響をより大きく引き出すためには、正しいダイエットコーヒーの飲み方が必要なのです。運動によって脂肪を燃焼させる前にダイエットこーヒーを飲むことで、ダイエットの助けとなります。体脂肪を効率よく改善させめためにも、運動前にコーヒーを飲むようにしてください。


ミルク入りや砂糖入りのダイエットコーヒーは効果が半減します。アメリカンな味に仕上がっているダイエットコーヒーは、砂糖やコーヒーポーション等を入れずとも飲むことができます。カロリー的な面から考えた場合、ダイエットコーヒーはかなり低カロリーです。


しかし、ミルクや砂糖が加わることにより、カロリーが高くなり、脂肪を蓄える原因になってしまうので注意が必要です。せっかくダイエットのためにダイエットコーヒーを摂取しても、砂糖のようなカフェイン成分を分解するものを入れては無意味になってしまいます。体重を減らしたくて飲んでいるダイエットコーヒーが、砂糖やミルクを入れたために効果が半減してしまいます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑