医療関係者が転職で成功するための秘訣

公開日:  最終更新日:2014/05/05

Pocket

医療従事者の転職活動とはどのようなものなのだろうか。医療従事者にかかわらず職場での精神的なストレスが原因で、うつ病などの心の病に罹るケースが急増している。さらに増加しているのが、心の病による労災認定者数や自殺者の数である。


その割合を業種別にみると、製造業、卸売、小売業、建設業が上位に入っており、医療従事者は本来病む患者を癒す職業であるはずが心の病になる割合も上位に及ぶ勢いにあるという。


医師不足はもちろん、全体的なマンパワー不足の問題に隠れ、医療従事者自身のメンタルヘルスについては、表面化されることが少なく対策も遅れている。たくさんの業種の中でも、医療関係は他の業種と比べて求人件数が多いので、医療の資格を活かそうと思えば転職がしやすいともいえる。


転職活動さえ上手く進めば、環境も変わり心の病や不調を乗り越えられる可能性も高いと考えられる。医療関係の転職は選択肢が多いからといって、安易な転職活動は禁物である。


よくあるのが、現職場と次期職場が意外なところで繋がっているという場合だ。ガラリと専門分野や業務内容を変化させて、やっと今の職場環境を断ち切って転職したとたんに、次の職場でも同じだったという失敗談はよく耳にする話なのだ。


医療従事者が職場環境を改善するために転職活動を行うのなら特に注意したい点である。自分にとってどんな職場環境が適しているか、転職活動をしながらあらためて検討するとともに、心の病の再発を予防していくことは医療従事者としての果たすべき責任でもある。


スポンサードリンク





転職活動といっても医療関係の求人情報を探すだけにはとどまらない。業務内容や職場環境が、自分にとって適切かどうかの情報を仕入れることが大切なのである。ぜひそのような時利用したいのが、転職活動を医療従事者がする場合に支援するキャリアカウンセラーだ。


このサービスは、医療従事者の転職活動を専門に支援するものである。医療従事者専門のキャリアカウンセラーは、通常は見えにくい事情や医療機関同士の関係性についても精通しているため大変心強い。


直接会って、転職活動ついて相談を行うカウンセラーも居れば、メールのみで相談に応じてくれるサービスなど様々な形で展開されている。現職場で直面している問題は、転職活動を支援するこうしたサービスでは、もちろん相談可能だ。


今後どうありたいか、目標としていること、やりたい仕事など幅広く相談に応じてくれる。たとえ職場が変わっても、専門職同士で交流する場が引き続きあるに違いないので、医療機関から医療機関へ転職する場合はできるだけ人間関係の問題を増悪させないほうが良いだろう。


なかなか在籍する職場内では相談しにくい退職や転職についても、キャリアカウンセラーなら話を気軽にできるのではないだろうか。自分の専門分野はもちろんのこと、常勤・非常勤、期間限定などの勤務形態別に情報を得ることもできる。ぜひこのようなサービスを上手に利用して、新しい環境でキャリアアップをしていきたいものである。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑