顔のシミと肝斑その原因となくす方法

公開日:  最終更新日:2014/05/05

Pocket

シミのある顔は、実際以上に老いているように見えて、気にかかるものです。女性なら誰でも気になる顔のシミですが、どうして出来てしまうのでしょうか。顔のシミというのは、いろいろな原因が考えられます。年齢を重ねると肌の代謝が遅くなり、古い皮膚が留まりやすくなります。


また、紫外線の作用などでもシミは目立つようになります。喫煙、睡眠不足、ストレス、過労などによって活性酸素が増えると皮膚再生力が低下します。結果、ホルモンの分泌不足により顔のシミが出来る場合もあります。


冷え性などによる新陳代謝不足によるターンーオーバーの遅れによるものもあります。洗顔の歳に顔を刺激しすぎた場合、悪化したニキビや傷が色素を沈着させた場合もあります。顔のシミというのは様々な原因によって起こりますが、特に紫外線による顔のシミは普段の生活から特に気をつけなくてはいけません。


二十代、三十代の頃に紫外線対策を怠っていたために、五十代、六十代になったらシミがいきなり出てきたということもあります。紫外線というのは、顔のシミだけでなく、肌の乾燥も招きます。


紫外線による顔の乾燥が続くと、肌のバリア機能が低下して、かゆみが出る場合もあります。顔のシミだけではなく、目尻のシワやほうれい線などのシワなどの原因にもなりますので注意が必要です。


スポンサードリンク




顔にシミができた理由によって、治療の方法は使い分けます。レーザーや光治療による治療と、塗り薬やケミカルピーリングなどがあります。シミの目立つ部分にレーザーの光をあてることで、シミを取り除くという方法が存在します。


シミの色によって、いろいろな機械があるのでシミの状態や大きさによって使う機械も変わってきます。光治療というのは、波長の異なった光を患部に当てる事でシミを薄く、または取ることができます。


光治療はレーザーに比べると1回できれいに取れることは少なく、5回から10回程度の回数をかける必要があります。レーザーでの治療では、ぬり薬の使用が同時に指示される場合があります。


ハイドロキノンやトレチノインといった、シミに作用する軟膏を塗る事できれいに取る事ができます。美容成分を点滴する治療方法もあります。美白にいいというプラセンタを点滴で体内に取り入れることで、顔じゅうに散らばっているシミを取り除くことが可能です。


ケミカルピーリングは顔に特別な美容液を塗る事で皮膚の一番外側の角質層をきれいにけずり落とす事です。角質層に溜まった老廃物や、シミの原因であるメラニン色素を排出させやすい状態にしてくれるのです。

顔のシミを取る治療方法にはいろいろと有るのですが、顔のシミや自分の肌の状態に適した方法を選択することが大切になります。


顔にできるシミにはいくつかパターンがあり、その中でもホルモンが原因のものが肝班です。顔の肝斑というのは、目の周辺や頬のあたり、おでこ、鼻の横などに左右対称にできる薄めのシミの事です。


よくあるシミと違い、肝班はシミのラインがくっきりと出ることはありません。ホルモン分泌の関係で、濃くなったり薄くなったりとするのも肝斑というのシミの特徴です。肝斑という顔のシミは30歳以上の女性に多く、妊娠中や口径避妊薬などを使っている場合に出来るケースもあります。


シミの治療にレーザーを使うと、シミをひどくしてしまう可能性があるので、肝斑を治療する場合にはレーザーは使用できないそうです。トラネキサム酸という、かつては止血剤に使っていた成分を飲み薬にしたものがあります。


肝班の治療を行うときは、このトラネキサム酸を用いることが多いようです。肝斑は紫外線が原因で出来るシミとは異なり、ホルモンバランスの崩れからくるもです。メラニンの生成がプラスミンという情報伝達物質で促されますが、ホルモンバランスの影響を受けているのです。


トラネキサム酸を使用することで、メラニンの生成を抑制する事で、肝斑ができるのを防いでくれるのです。顔のシミというのは、いろいろな原因によって治療の方法も異なってきます。顔のシミの治療を受ける際はしっかり比較検討して、肝斑の状態に適した治療方法を選択していただきたいものです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑