肌に悪影響を及ぼす紫外線をカットする方法

公開日:  最終更新日:2014/05/05

Pocket

紫外線を長時間浴びると皮膚によくないと言われて、紫外線カット用品が注目されていますが、なぜ紫外線は害になるのでしょう。光の波長によって、紫外線にもいろいろあります。


紫外線には昔から地上まで届いていた紫外線と地上まで届いていない紫外線があるそうです。紫外線の他に、有害だとされる紫外線があり紫外線は肌を守るためにカットした方が良いとさかんに言われている紫外線になります。


地上に、体にいい影響がない紫外線が振るようになったのは、オゾン層に異常が出たためだといいます。ところがしばらく前からオゾン層が薄くなり、オゾンホールが出現するようになってしまいました。


オゾン層の破壊が進んでいることは、多くの人が心配している環境の問題の一つといえます。紫外線がカットされずに地面にまで来るようになったのは、オゾン層の減少が関係しています。


有害と言われている紫外線に当たると生物には、いろいろな悪い影響があるようです。有害な紫外線には生物の遺伝子やDNAを破壊する力があるそうです。失われた遺伝子がわずかであればリカバリーもききますが、あまりに多くなりすぎると遺伝子の変異を引き起こします。


皮膚がんや白内障による失明、免疫力の低下の原因にもなります。以上の理由によって有害な紫外線は、体のためにはカットした方が良いのです。


スポンサードリンク




日焼け止めのローションなど、紫外線をカットするための商品が数多く販売されているようです。紫外線のカットとは、具体的にどんな方法なのでしょうか。日焼け止めクリームなどは、紫外線を吸収しているといいます。


紫外線カットのメカニズムと、光の性質について考えてみましょう。紫外線の他にも、光にはいろいろな種類があります。わかりやすい例としては、人間の目で視認出来る可視光線がありますが、紫外線は目では見えない光です。


紫外線と同じように見えない光には、赤外線やエックス線などがあります。波長の違いによって分けられています。光によって物が見えるようになるのはなぜかという問いの答えが、紫外線カットの原理につながります。


ものに色がついて見えるのは、光がそこで反射し、目に入ってくるためです。青色の光が見えるなら、物質は青色以外の光を吸収し、青色を反射しているということになります。光を吸収するということは、特定の波長の光を吸収すると言い換えることができます。


紫外線カット商品とは、紫外線を吸収することでカットているわけです。紫外線は光なので、紫外線の波長の光が肌に届く前に吸収してしまえば、皮膚に紫外線が当たることなくカットすることができるのです。


日焼け止めクリームは、紫外線をカットするために使うものとしてまず考えるものといえます。紫外線をカットするために、専用の服を身につけるという方法もあります。クリームに使われている紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は化学物質です。


最低限に抑えたい人は、紫外線をカットする衣類も活用するとよいでしょう。大きく分けて2種類の効果で、紫外線は皮膚に届く前にカットされます。紫外線カット加工をした製品と紫外線カット素材を使用した製品の2種類です。


加工段階で紫外線カット効果を付与するものとは、紫外線吸収剤をでき上がった製品や、製品一歩手前の素材に塗布することで、紫外線カットの効果を持たせることです。この場合、紫外線カット効果は、永久的に続くものではありません。


紫外線吸収剤を塗るほうは、時間がたつにつれて徐々にカット効果が下がります。紫外線カット素材は、繊維製造時にカーボンやセラミック、チタンなどの無機物質や、国が安全と認めた有機物質を練り込む加工方法で作られた素材です。


紫外線カット素材によって製造された商品は、紫外線カット効果の持続性が高く、洗濯や使用による紫外線カット率は下がらないと言われています。レーヨンや、ポリエステルを用いて、紫外線カット素材を製造します。綿素材は加工することができないので綿100%の紫外線カット製品は存在しません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑