アントシアニンサプリメントの効果と副作用

公開日:  最終更新日:2014/05/05

Pocket

アントシアニンがたくさん含まれているサプリメントの人気が最近高まっています。アントシアニンはブルーベリーに豊富に含まれている成分で、目の疲れを取ると言われています。アントシアニンが目にいいといわれているのは何故でしょう。


網膜には、ロドプシンという物質があり、これが光を感知しています。目に負担のかかる作業をしているとロドブシンが徐々に減少して、光をキャッチしにくくなります。


物が見にくくなったり、しょぼしょぼしたり、ぼやけが酷くなるなどの症状は、ロドプシン不足が関係しています。アントシアニンは網膜のロドブシンの合成を促進し、光への感度を元の状態に戻す成分です。


日々の食事からアントシアニンを摂取できれば良いのですか、ブルーベリーをそれほど摂る機会はありません。アントシアニンを効率的に補給するには、サプリメントを上手に使うといいでしょう。


眼精疲労以外でも、目のコンディションをよくする効果がアントシアニンにはあります。見える範囲を広くする効果や、白内障にかかりにくくする作用が、アントシアニンにはあるという研究報告もあるようです。サプリメントでアントシアニンを摂取するという方法は、経済的負担も軽いので、毎日使っても問題はないようです。


スポンサードリンク




ブルーベリーサプリメントはたくさん販売されていますが、何に注意をして購入するといいものなのでしょうか。どれだけ濃いブルーベリーが含まれているかは、とても重要な問題です。より成分量の多いブルーベリーサプリメントを使うことができれば、効率的にアントシアニンを補給することができます。


アントシアニンが豊富に含まれているサプリメントを選ぶために、ブルーベリーサプリメントの濃さを注視してください。一般的に目の健康に良い影響を与えるために必要な摂取量は、1日に120~250mgです。アントシアニン摂取が目的でサプリメントを選ぶときには摂取量を基準にするのも良いでしょう。


ブルーベリーサプリメントの中には、原材料に北欧のヒルベリーを使っていることがあります。ヒルベリーは北欧原産のブルーベリーです。アントシアニンの量がとても豊富なことで知られています。ルティンやアントシアニンなど、目の健康に効果がある成分がたくさん含まれていることが、ヒルベリーの特色だと言われています。


サプリメントを選ぶ時には、アントシアニンの他に何が入っているかも重要です。アントシアニンを補給するために、アントシアニンを含むブルーベリーをサプリメントなどで確保しましょう。


アントシアニンが豊富に含まれているブルーベリーのサプリメントが注目されており、どんな人でも気軽に摂取しています。アントシアニンには副作用などはないのでしょうか。植物が含有する青い色素がアントシアニンで、実の色の元になっています。


アントシアニンは抗酸化力が強く、欧米ではアントシアニンを医療用などに用いているようです。副作用が気にかかるのは薬を扱う上での常ですが、アントシアニンは植物に含まれる成分であり、特に体に悪い影響はありません。


体に良くない影響があるという心配はないですが、アントシアニンを摂取する時は飲みすぎないようにします。アントシアニンの1日の摂取量の目安は、およそ40mgです。ブルーベリーのサプリメントを摂取する場合には用法用量をきちんと守ることが大切です。


アントシアニンをまとめて摂りすぎたことで、肌トラブルや、胃腸の調子を悪くしてしまったという状況も起こりえるようです。症状事態は軽いものばかりですので、さほど重篤な症状は出ないと考えられます。


便利なためについサプリメントに頼ってしまいがちだけど、アントシアニンは飲みすぎという落とし穴があります。サプリメントが使いやすいからと、アントシアニンを飲みすぎてしまわないように気をつけましょう。どのくらいの量が入っているかは、箱や説明書からわかります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑