ビオチンサプリメントの必要性と摂取方法

公開日:  最終更新日:2014/03/25

Pocket

ビオチンのサプリメントを摂取している人は多いようです。ビオチンとはビタミンBの一種で、皮膚トラブルを改善する成分として用いられています。発見当時はビタミンHと呼ばれていた、水溶性のビタミンです。ビタミンB群のひとつであることが、後から分かりました。


呼び方はビタミンB7というものよりもビオチンというほうが有名です。ホルモンで炎症を抑制するものを活発にするのに有効なのが、ビオチンの特徴です。皮膚のすぐ下にある毛細血管の血流を促進し、皮膚の状態を改善します。


他にも皮膚の保湿や、健康な髪を維持するために欠かせないコラーゲンの生成にもビオチンは関わっています。アレルギー内科やスキンケア内科で積極的にビオチンが利用されているのがアメリカで、サプリメントは美容や健康のためにも利用している人が多いといいます。


アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などのお肌の炎症を抑えるために、ビオチンのサプリメントが利用されているのです。非常にビオチンが不足することは稀なので、サプリメントでビオチンを健康な人が摂取することはほぼないといえます。ビオチンのサプリメントを摂取する目的の多くは、美容やアトピーの解消だといわれています。


スポンサードリンク



ビオチンサプリメントが最近注目されていますが、実際ビオチンの必要性はどのくらいあるのでしょう。ビオチンが体内で欠乏すると、エネルギーの代謝が滞るなど体の各所に影響がでます。


皮膚炎や結膜炎、脱毛、知覚異常などがビオチン欠乏の症状です。糖尿病やアトピー性皮膚炎などのリスクが、ビオチンが体内で欠乏することによってアップするといいます。いくらリスクが増えるといっても、ビオチンのサプリメントをすぐに摂取したほうがよいわけではないといいます。


普通に健康な人であれば、ビオチンを腸内でしっかりと必要な分だけ作ることができるのです。ある程度普通に食生活や生活習慣を送っていれば、まずビオチン不足に陥ることはないでしょう。ビオチン不足になるのは生活習慣や食習慣に原因がある場合が多いので、サプリメントを使う前にまず自分自身の生活を見直してみるといいでしょう。


煙草の吸いすぎやお酒の飲み過ぎはビオチン不足の原因になることがあります。さらに腸内環境が一時的に抗生物質を摂取したために変化し、なかなかビオチンが生成されなくなっていることもあるそうです。


毎日たくさんの腸内細菌がつくられたり、死んだりが大腸の中では起こっているので、その中でビオチンも生成されているのです。今健康で過ごせているのであれば、頻繁にビオチンサプリメントを使う必要は無いかも知れません。少しでも皮膚炎や糖尿病の症状を治すために、サプリメントでビオチンを摂りいれている人もいるそうです。


体内のビオチンを増やすにはサプリメントの使用の他、どんな方法があるのでしょうか。ビオチンは食事から摂取するほか、腸内でつくられます。サプリメントやビオチンを含む食品で摂取するか、ビオチンを作りすい環境に腸内を整えることが、ビオチン増加のためには不可欠だといえます。


卵、レバー、豆類などが、ビオチンを含む食材の代表です。ビオチンは水溶性ビタミンで、性質として水によく溶けるというものがあります。しっかりと食品の中ではたんぱく質とくっついており、水で流れ出てしまわないようです。


サプリメントでビオチンを摂取する場合、ビオチンだけでなく、ビタミンB群が全て入っているサプリメントを選ぶといいでしょう。ビオチンはビタミンB7とも呼ばれており、ビタミンB群の1つです。体の中に吸収されずに排出されてしまうことが多々あるのが、ビオチンだけを摂取した場合です。


サプリメントであれば、ビオチンが長い時間体の中に留まるよう、タイムリリース加工がされたものが良いでしょう。原材料によってもサプリメントは異なるもので、天然成分由来のものと、化学合成で生成されたサプリメントがあるのです。


体内へよく吸収できて、安心して摂り入れることのできるビオチンサプリメントが良いのであれば、天然のサプリメントを選ぶべきだといえます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑