しわやたるみが顔で目立ちやすい場所と加齢以外の原因

公開日: 

Pocket


顔のしわやたるみが目立ちやすい場所


顔にはしわが目立ちやすい場所がいくつかあります。ほうれい線や、目尻、眉間のしわなどです。小鼻から口もとにかけてほうれい線のしわができるのは表情変化や生活習慣によってできるものだと言われています。

たるみのしわのない、若々しいお肌を守りたいというならば、食事内容にも気を使い、生活習慣を見直して、健康的な生活と入念なスキンケアに力を入れるといいでしょう。

しわやたるみは年齢と共に増えてくるものなので、常日頃からの肌ケアが大切になってきます。しわやたるみが深く濃くなっていることに気がついてショックを受けることはよくあります。

年齢を増すごとに、だんだんとしわやたるみが多くなっており、老けて見えるようになってくるものです。

まぶたが重たくなって、目がくぼんで見えるようになると、一段と年寄りに見えますが、カムフラージュは困難です。

皮膚がたるみ、あごのラインのシャープさが失われると、若々しいイメージがなくなって年老いたふうに見えます。
スポンサードリンク



しわやたるみが顔に増えると、見た目の雰囲気がガラッと変わって年をとっているように見えるものです。たるみの原因は、紫外線や食生活により、肌の中にある弾力が失われてしまうことです。

紫外線を浴びた皮膚は、ヒアルロン酸が破壊されたり、保湿力が低下するなどのして乾燥が進み、肌のハリがくなって、しわやたるみができやすくなります。

顔のしわやたるみを解消するための方法はいくつかありますが、人間の皮は全身の一枚ものなので、頭皮をよくマッサージするという方法もあります。



しわやたるみの加齢以外の原因


皮膚にしわが刻まれたり、たるみが目立つようになるのは年齢が主な要因になっていると考えているような人もいます。若いうちから日々のスキンケアをきちんと行っておくことによって、将来的なしみやたるみ対策になります。

肌に合わない化粧品を使っていたり、紫外線を皮膚に浴びる時間が長かったり、ストレスの多い生活をしていると、皮膚は荒れやすくなります。

年齢を重ねることは誰にでも平等ですが、それ以外の肌へのお手入れは、しっかりやっておいたかどうかが重要になります。一度できてしまったしわやたるみは、どういった原因でできたものなのかを知ることで、対応の仕方が変わってきます。

目元や、口もとにできる小じわや、表情の変化によって皮膚にクセがついた表情じわ、皮膚の水分が失われて重力に引かれてできるようになったたるみなどもあります。表情筋の動きでできるしわは、スキンケアを特に念入りにしましょう。

小じわは、乾燥予防をすることで、弾力を取り戻します。保湿効果があるヒアルロン酸や、肌の弾力を維持するコラーゲンなどは、年と共に少なくなりますが、ストレスや紫外線の影響も受ける成分です。

表情筋を刺激するトレーニングを行うことで、筋肉で皮膚を支える力を強化し、たるみやしわのない状態になります。

角質層は、一旦老化すると再生が困難です。若いうちは十分にあった水分も、年と共に減少するようになると、自重で引かれてたるみやすくなります。

不健康な食事をしていたり、強い紫外線を浴びる機会が多くあるような人は、角質層の弾力がなくなって垂れ下がりやすくなります。出かける時には、季節を問わずに紫外線の予防をして、ストレスを貯めすぎない生活を送ることがしわやたるみ対策になります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • NEW ENTRY

  • Views

  • カテゴリー

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes
PAGE TOP ↑